HAKUBA VALLEY チケット共通化とシーズンパス発売

久しぶりにスキーの話題。

昨日、今日の発表からお送りします。

 

白馬周辺の 11 ゲレンデが連携する HAKUBA VALLEY では、

今シーズンからチケット共有化を行うとの情報です。

 

エリア内で共通改札システムを導入し、共通 IC チケットで

これらのエリアを自由に滑れるようになるとのこと。

 

これに伴い、これら 11 エリアで滑走可能な

シーズン券も発売されるようです。

お値段は 130,000 円!!

 

1 日券の値段についての情報はまだなく、

恐らく 11 エリアが滑れる「共通券」と

一部エリアのみ滑れる「エリア券」が発売され、

それぞれ価格が設定されると想像できます。

 

この値付けが非常に興味深いところではありますが、

シーズンパスの値段から見ても、

それなりに高額となるのは明らかでありますね。

 

白馬エリアでは海外からのお客さんが増えているようで、

あきらかにそちらを見ている今回の施策ですね。

 

ワタクシ的にはマックアース社の 30 エリア以上滑れて 55,555 円!

というシーズン券や福島 5 エリア限定なら 29,800 円(いずれも早割価格)

という値段を知ってしまっておりますので正直「高い」という印象は拭えないです。

 

ゲレンデの質が、規模が…というところもあるかと思いますが、

明らかに経営方針が違いすぎるというところでしょう。

 

また、共通改札システム導入とのことですが、

果たしてここまでコストを掛ける必要があるのか、

というところも疑問であります。

 

お客さんの入り込み数などを数値化する上で、

かなり優位であるとは思いますが、

お客の立場から言わせてもらうと、わざわざ改札を通すよりは、

従前の紙のチケットを目視確認してもらう方が

すんなりリフト乗車できますし、煩わしさがなくて良いと思います。

 

と、後半物言いを多くつけさせていただきましたが、

残念ながら業界に風穴を、というほどの衝撃は

今回のニュースからは感じられないかな。

というのが実感であります。

 

したっけ。


コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ