ここにもあった!寝台特急の豪華食堂車

今月の頭に北斗星の食堂車が復活!

というエントリーをお送りいたしましたが、

 

そういえば……

我が家の近くにもこんな車両があったのを思い出しました。

IMAG3026_R_R

この車両はオシ 25 901。

かつて【夢空間北斗星】として団体列車や

臨時列車として運転された豪華食堂車「ダイニングカー」です。

 

【夢空間】車両は 3 両が存在し、このダイニングカーと

ラウンジカー(オハフ 25 901)は、

我が地元のららぽーと新三郷に展示されていて、

ラウンジカーは毎日日中は休憩スペースとして開放されていて、

車内でその雰囲気を味わうことができます。

 

北斗星たちとおなじ 24 系客車ですが、

既存車両の改造ではなく、まったく新しく作られている

というのも特筆すべきところですね。

 

パリのビストロをイメージしたポスト・モダン調のインテリアと、

大きな窓が特徴で、後のカシオペア(E26 系)開発の礎となりました。

 

 

 

このダイニングカーは私の記憶の限りでは

数年前にカフェとして営業してから中に入れるイベントなどは

開催されていません。

 

確か、エアコンが使用できるように改造されていましたし、

せっかく優雅に食事がとれるスペースがある車両なのに、

なんとももったいない話であります。

 

ということで、これをご覧の関係者の方(いるのか?)、

是非ともなんらかのイベントでこのダイニングカーを

使っていただけませんかね。

 

車両内で調理は難しいと思いますので、

前回の様にカフェとして営業するとか、

テナントの食事をここでも楽しめるようにするとか、

いろいろ方法はあると思います。

 

現役時代に利用することが出来なかったものとして、

なんとか復活を願いたいと思いますが、

私と同じ気持ちの方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ