スキーイントラ日誌 No.02

イントラ稼働 2 日目。

午前、午後 2 時間ずつの

レッスンで間のランチは

生徒さん達と一緒にとります。

本日のメニューも気になるところです。

ゲレンデ状況

今日も穏やか。

雲は多めでしたが、猪苗代湖の

眺望は楽しめました。

 

朝はピシッと冷えて硬めのバーンですが、

ほどなく気温上昇で少し雪が緩みました。

 

もう雪が欲しい状況ですが、

こればかりは今宵の雪予報に

期待するばかりですね。

 

午前のレッスン

今日一日で

プルークボーゲンの完成させて、

ゲレンデをある程度自由に

動けるようにする

というのが目標です。

 

9:30 から午前のレッスン開始。

準備体操などを終わらせたあと、

早速リフトに乗車します。

 

ただし、様子見として

初回はつぼ足(板をつけない状態)で

スキー板を抱えて乗ってもらいます。

イントラであるワタシも同じように

乗車するのですが、普段板をつけた

状態に慣れているだけに、

これは結構緊張します。。

 

※猪苗代スキー場でははやま第 2 リフト、
はやま第 3 リフトなど一部のリフトは
つぼ足、ソリでの乗車が可能です。

 

ワタシの班は生徒さんたちの

技術にばらつきが見られたので

ゆっくり目のペースで

レッスンを進めていきます。

 

とりあえずは

プルークファーレンで

全員緩斜面を降りられる

ようにまでにはなりました。

 

※プルークファーレン:
ハの字スタンスでまっすぐ滑走

 

ここでターンの練習を交えつつ、

生徒さんたちには飽きさせないよう

心がけつつ滑って行きます。

 

ランチ

担当班の生徒さんと

一緒に宿泊ホテルの昼食会場にて

牛丼を食べました。

お味は「団体のお客様用」のそれで

ありました。。

 

サラダがついていたのは、

せめてもの救いでしょうか。。。

 

午後のレッスン

午後は可能な限りリフトを

活用しようと考えていましたが、

上級班から移動してくる

生徒さんがいたりで

その思惑は外れてしまい。。

 

結局 2 本乗車したのみに

とどまりました。

 

ただ、生徒さんは

ターンが完璧にでき始める人も

いたりして上達具合は

皆さんそれぞれ進歩が

見られました。

 

明日は半日

明日は最終日で

2 時間のレッスンとなりますが、

できるだけ楽しく距離を滑ってもらい

最後に楽しい思い出を持って

帰って貰えればと思っています。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ