【青春18きっぷ】水郡線で福島の穴場お花見旅

2016 年春の青春 18きっぷ旅は今日でファイナル。

相方様と一緒にお花見を兼ねた旅に行ってきました。

 

目的地は、春のテーマである「ディーゼルカー」を

絡めることができる所としまして、福島県の

矢祭山(やまつりやま)公園。

JR 東日本最新鋭のディーゼルカーに会いに行きます。

 

自宅を出たのは朝の 7 時前。

もう少しゆっくり出るつもりだったのですが、

理由は水郡線の県境区間の本数の少なさ故

(詳細は後述します)。

 

武蔵野線、常磐緩行線、常磐線と乗り継いで水戸へ。

DSC09804_R

水戸 9:22 発郡山行きの列車に乗り換えます。

 

列車はキハ E130 系 3 両。

片運転台のキハ E131 型、キハ E132 型 2 両が前よりに、

後ろには 両運転台のキハ E130 型 1 両が連結されて

いてこの 1 両は途中の常陸大子で切り離しとなります。

 

発車するころは結構なお客さんが乗車。

立つ方も結構いらっしゃいます。

 

水戸からしばらくはのどかな田園地帯を走ります。

 

沿線の桜もちょうど花盛り。

これは期待が高まりますね。

 

山方宿(やまがたじゅく)駅辺り

からは「奥久慈清流ライン」という愛称の

元にもなった久慈川が寄り添ってきます。

DSC09806_R

久慈川を右に左に眺めながら、

1 時間 10 分ほど走り常陸大子駅に到着です。

 

ここでは 6 分停車します。

その時間で後ろの 1 両が切り離し。

DSC09809_R

この車両に乗っていたお客さんが

移動してきて、車内は再び賑やかに。

 

常陸大子から 2 駅走って目的地の

矢祭山駅には 10:55 に到着。

 

先述の出発を早めた理由は、

この後の列車が 14:48 発までないということ。

実に 4 時間近く列車が来ないことになります。

 

※この間に 1 本臨時列車が運転される日もあります。

 

矢祭山駅で発車する列車を見送り 1 枚。

DSC09811_R

満開の桜とともに収めることができました。

DSC09814_R

駅舎は最近手が入れられたようで、

シックな佇まいに変貌していました。

 

駅を出ると国道を隔ててすぐ隣が

矢祭山公園となっています。

ここが桜の名所として地元の方には有名なスポット。

 

国道に沿って駐車場が整備されているため、

列車で訪れる人は少ないようです。

 

ここを一周りして桜を見物します。

DSC09818_R

DSC09820_R

 

一通り周ったところではまだ時間には充分な余裕が。

ということで駅の反対側に流れる久慈川を渡り、

ハイキングコースを歩くことにします。

DSC09830_R

対岸へは赤い「あゆのつり橋」を渡ります。

そこから少し渓谷を分け入ると夢想滝を見ることができます。

DSC09833_R

今日は水量が少ないようです。

 

少し戻ってハイキングコースを歩き、

小高い展望台で小休止。

DSC09838_R

対岸に見える桜の公園を撮りました。

 

淡いピンクに染まるこの一帯は、

4 月下旬にはつつじによる濃いピンクに変わります。

ぐるっとまわったところでおやつタイム。

国道沿いに並ぶ数件のお店では、

軒並み鮎の塩焼き、団子などが売られていますが、

私の目にとまったのはシャモのぼんじり。

DSC09844_R

塩、タレが選択可能で 1 本 250 円。

隣の茨城県大子町は「奥久慈シャモ」で有名です。

が、このシャモがそれかどうかは分かりません。

 

塩を選びました。

実は期待せずに食べたのですが、

これが優れた逸品でした。

脂たっぷりでとても美味しかったです。

 

クルマで来ていたならもっとたくさん買って

お土産としたいところです。

 

実際、クルマで来ていたお客さんは、

お持ち帰りで購入する人が多かったです。

 

と、ここまでやっても

次の列車まではまだ時間が……

 

ならば、いっそ隣駅まで歩いちゃうか!

 

ということで、東館駅まで歩きました。

所要時間は約 1 時間。

今日も良い運動ができました。。

 

DSC09846_R

味のある東館駅舎

 

駅にはきっぷ販売を委託されているらしい女性の方が、

お孫さんと思われる男の子と遊んでいました。

 

跨線橋を渡り下り線のホームへ。

DSC09848_R

 

14:53 発の列車はかわいい 1 両。

DSC09850_R

ですが、車内は結構なお客さん。

 

なんとか座席は確保しましたが、

途中からは部活帰りの高校生達が乗り込んできて、

結構な混雑具合に。

 

茨城北部から東館辺りまでは

山間部を走りますが、福島県内を北上する

につれて、車窓はのどかな田園風景へ。

歩いた疲れもあり車内では少しウトウト。

 

途中、交換予定の列車の遅れをひきずり、

郡山には 16:30 過ぎの到着

(所定時刻なら 16:26 着)。

 

DSC09854_R

ただいま郡山

 

郡山からは奇しくも磐越東線ツアーと同じ行程で

帰路につきました。

 

鉄&歩きの今回のツアー。

個人的には満足度の高い内容と

なりました。

普段慣れていない相方様は

だいぶお疲れの様子でしたが……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

2 Responses to “【青春18きっぷ】水郡線で福島の穴場お花見旅”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ