【青春18きっぷ】415系惜別乗車と茨城福島ぐるり旅

いよいよ明日にせまったダイヤ改正。

 

北海道新幹線開業や、

寝台特急【カシオペア】や

急行【はまなす】の廃止

等々の話題が目立つ中で、

ひっそりと引退していく車両があります。

 

JR 東日本の交直流電車 415 系です

(JR 九州ではもうしばらく残る予定)。

 

新形式である E531 系の車両数が揃ってきたことから、

今日をもって引退することになりました。

 

私が実家に住んでいた幼少~高校時代まで

慣れ親しんだ電車で特に高校時代、通学で

大変世話になっていました。

 

ということで、

感謝の意味も込めて運転最終日に

お別れの挨拶に行くことにしました。

 

青春18きっぷで

今回のターゲットは我が故郷を

走る水戸線の列車です。

 

比較的近場であり、

急ぐ旅でもないのでこのきっぷを使います。

DSC09558_R

事前に 415 系で運転される時刻を調べ、

それに合わせるように自宅を出発。

始発駅の小山へ向かいます。

 

宇都宮線は朝の人身事故で

ダイヤが乱れていましたが、

早めに出発していたので

余裕をもって到着できました。

 

小山到着すると程なく隣のホームに

お目当ての列車が入って来ました。

DSC09559_R

が、発車時刻まで余裕が

あるのでここで早めのランチとします。

 

懐かしい立ち食いそば

ここ小山駅には懐かしいタイプの

立ち食いそば屋さんが残っています。

DSC09564_R

お店はこんな感じ

 

懐かしさを感じる「フルオープン」な

このお店で天ぷらそば(370 円)を

味わいます。

DSC09560_R

小麦粉比率が高いうどんチックなそば、

それとこれまた粉比率高めの

サクサクかき揚げ。

変わらぬ味に一安心。(笑)

 

惜別乗車

発車まではまだ余裕はありましたが、

座席を確保するため早めに

水戸線ホームへ移動します。

DSC09565_R

「4cars 3doors」 は今日限り

 

早速車内へ入ると、

DSC09572_R

まだお客さんは少なめ。

車内も往時と変わっていません。

ほっとしますね。

 

ただ、掲出される広告は少なくなっていて、

頭上が寂しくなっていますね。

 

発車時刻。

遠慮なく車内に入ってくる

懐かしいモーター音、懐かしい乗り心地。

 

当時とほとんど変わらない単調な

景色を眺めながら味わいます。

DSC09573_R

筑波山が唯一のアクセント

 

一時間ちょっとをかけて終点の友部に到着。

やはり同業者がたくさんいらしてました。

DSC09574_R

お世話になりました……

 

お名残惜しくもありますが先に進みます。

 

旧ドレミファ列車

ここからのお供は E501 系。

DSC09582_R

ちょっと変わり種の車両で

数もそれほど多くはありません。

415 系と共に以前は上野にも

顔を出していました。

 

誕生当時は発車時にメロディーを

奏でることでも有名だったこの車両、

京急の車両とは違い、停車時にも

逆音階でメロディーを楽しめたんですよね

(現在は機器更新してしまったので

メロディーは聞けません)。

 

常磐線を北上します。

DSC09576_R

大甕駅ホームからは耳慣れたメロディが

聞こえてきました。

 

下りホームの発車メロディは

「恋のメキシカン・ロック」。

これは作曲した吉田正さんの

地元だという理由。

 

因みに上りホームは「いつでも夢を」

だそうです。

 

どちらも橋幸夫さんの曲です。

若い世代の方にはわからないでしょう……。

 

日立辺りでは前後では海をちらりと

望める区間もあり、

天気もよく気分も上々です。

DSC09577_R

海が見える区間はそれほど長くありません

 

いわきには 15 時少し前の到着。

隣には最新鋭の特急車両 E657 系が

発車準備をしていました。

DSC09583_R

 

福島横断(一部)

いわきでは磐越東線に乗り換え。

ディーゼルの音を楽しみつつ、

浜通りから中通りへと

向かうことにします。

DSC09591_R

 

道中、渓谷沿いを走ったりしましたが、

残念ながらいい画がとれませんでした…

 

中通りに入ると雲行きが怪しくなり、

雪が舞い始めます。

 

郡山到着は 17:00 過ぎ。寒い~。

こちらでも少し雪が舞っていたようです。

 

東北線乗り継ぎで帰路へ

今日は日帰りのつもりなので、

ここから帰路につくことに。

 

黒磯までは 719 系。

IMAG2916_R

北海道への鈍行旅で幾度となく

お世話になりましたので、

新鮮味はありません。

 

DSC09596_R

が、車内に新たに貼られたこんな

表示にドキッとさせられました

(この車両は常磐線北部でも

運用されています)。

 

黒磯からは 205 系。

IMAG2918_R

この車両がまさかこんな北まで

追いやられるとは思いませんでした。

この車両は転入する時に改造が

施されており、半自動で

開閉できるようドア横に押し

ボタンスイッチが付いています。

 

お次は宇都宮で乗り換え。

ここまで来ると「帰ってきたなぁ」

という印象です。

 

宇都宮では 2 分の接続で

乗り継ぐこともできますが、

慌ただしいので一本遅らせます。

 

乗車したのは 11 分後に

発車する通勤快速。

 

大宮に着くのは 20:40 過ぎ。

前の列車との差は 4 分まで

縮まります。

 

大宮→武蔵野線直通

大宮ではちょうど良いタイミングで

向かい側のホームに

武蔵野線直通「しもうさ号」が入線。

これに乗車して自宅最寄り駅へ。

 

本日の旅は終了しました。

 

旅のまとめ

今回の旅は、

乗車距離:547.9km

普通運賃に換算すると 8,750 円分

(全て幹線に乗車として計算)。

 

以上、ざっくり計算ですが、

青春 18 きっぷの 1 日分が

2,370 円ですので、

6,380 円のオトクをゲット

したことになります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “【青春18きっぷ】415系惜別乗車と茨城福島ぐるり旅”

  1. […] 郡山からは奇しくも磐越東線ツアーと同じ行程で […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ