まさかのリゾート二連チャン 滑走日誌 15-16 No.008

三連休も今日が最終日。

満を持して我が猪苗代がオープン!

 

という報せがありましたが、

稼働リフトは 2 本、滑れるのも

中央エリアの緩斜面のみ。。。

 

普段空いている猪苗代とは言え、

これでは混乱する事が予想されました。

 

ならばやっぱり箕輪かなぁ…と思案していると、

猪苗代リゾートから「リフトフル稼働、ほぼ全面滑走可!」

というニュースが。

 

ということで、

なかなかこういう機会もないだろうということで、

2 日連続猪苗代リゾートへ向かいました。

 

天気は曇り時々雪という予報。

朝の時点ではチラチラと雪が舞っていました。

 

昨日一日降り続いてくれたおかげで、

下部にも結構雪がついてくれたようです。

 

一本目はゴンドラ上部から、

「クリフサイド」「レイクビュー」「パノラマ」と繋ぎます。

 

上部では幾分気持よく大回りができましたが、

本日開放された下部の「パノラマ」は圧雪なしで、

まだ充分な雪がない状態。

昨日同様中腹の「ファンタジー」を主体に滑ることにしました。

 

そしてランチ。

今日はちょっとガッツリ系。

DSC08934_R

豚トロ焼定食は口に入れるとホロホロと崩れる

柔らかい豚トロがなかなか美味でございました。

お値段は 1,200 円。ちょっと高いかな。

 

カウンターのお嬢さんの心付けにより

ご飯とお肉をちょっと多めに盛っていただいたようです。

こういうのは嬉しいですね。

満腹になった後は、

午後一番で名物の「ナイアガラ」へ。

最大斜度 34 度の上級者専用コース。

DSC08941_R

出だしは比較的緩やかで、

終盤に行くにつれて斜度を増していくコースです。

 

やはりブッシュがきになりますが、

急斜面でもこれだけ雪が付いていることにちょっと驚き。

 

隣のゲレンデにこれだけ雪があるのに、

なぜ猪苗代はまだ少ないのかなぁ…

と思ったりしながら滑りました。

 

最もバーンは既にかなり荒らされていたので、

あまり気持ち良くは滑れませんでした。

 

午後は雲が晴れてきて、

時折猪苗代湖も見えたりしましたが、

比例するようにかなりの冷え込みとなり、

明日仕事の人も多かったので、

14:30 過ぎに切り上げることにしました。

DSC08937_R

 

滑走後はゲレンデ下のホテルで温泉

いただきましたが、こちらのお湯がなかなかでした。

 

ほのかに漂う硫黄臭。

浴後のカラダはぽかぽかが持続し、

夏に入った時には分からなかった魅力を

再発見することができました。

 

料金は 1,000 円と少しお高めですが、

周辺施設で配布されている割引券を

提示すると 300 円引きで利用できます。

 

本日の滑走ログはこちら

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ