おいでませ東北(福島・会津)へ!

本業?のスキーの話題。

といっても技術論的なものはまだ置いといて。。

 

私の周囲(スキー仲間、SNS のグループの皆様)を見ますと、

首都圏周辺にお住まいの方は上信越方面を

ホームとしている方が多いのでは?

という印象であり、そんな方々に

「我がホームである東北の魅力を伝えよう!」

というのが今回のエントリーの趣旨であります。

 

熱がこもるあまり長文になりそうですが、

是非とも最後までお付き合いいただければ。

 

お気に入りゲレンデ

まず、私のホームゲレンデは猪苗代スキー場です。

 

スキー教師デビューを飾り、研鑽を重ねたゲレンデは

裏磐梯猫魔スキー場ですが、その後経営が変わり、

当時スクールでお世話になった方が移籍されたり、

などなどの紆余曲折がありまして、

磐梯山の反対側のこのゲレンデが現在メインとなっています。

 

また、好きなゲレンデとしてもう一つあげるとすれば、

それは「会津高原高畑スキー場」。

今だにスキーヤーオンリーを貫く、会津高原最奥のスキー場です。

 

奇しくも現在はどちらもマックアース社が運営に携わり、

共通シーズン券「福島 5」で滑れるようになりました。

 

他にこの券で滑れるゲレンデは、箕輪スキー場沼尻スキー場と、

会津高原南郷スキー場があります。

 

箕輪は周辺スキー場では、

一番早く滑走可能なゲレンデで、

今年も間もなく(11/14)オープン予定です。

 

なので、初滑りや春スキーの時期には

なんどかお世話になっています。

 

また、沼尻は学生の団体さんが多いので、

主にレッスンのお手伝いとして行くことがありますね。

 

因みに、南郷は最近行ってません…

スノーボーダーのメッカ的存在になっていますので、

スキーヤーの私にはアウェー感が伴います…

 

会津ゲレンデの魅力

 

ここでは猪苗代と高畑にしぼって、

幾つかの項目を立て魅力をお伝えしていきます。

 

ゲレンデ

どちらも規模は中クラス。

 

ですが、上級者から初級者まで

様々なレベルの方に対応できる、

バラエティに富んだコースレイアウト。

私が最近ハマっているコブ斜面もすんごいのがあります。

 

アクセス

東北道は渋滞が少ないです。

スキーシーズンともなると関越道は毎週末の様に大渋滞が

発生しますが、東北道は発生するとしても比較的軽いです。

 

冬には東北道にもチェーン規制がかかりますが、

インターやパーキングでのタイヤチェックがありません。

あくまで自己責任ということですが、

この辺の硬派な感じも好ましい所です(笑)

 

また「東北は遠い…」と仰る方もいますが、

私の家(埼玉県三郷市)からですと、

例えば猪苗代へは約 250km 程度。

所要時間は 3 時間半くらいです。

 

また、猪苗代は高速道路からのアクセスが良く、

最寄りの猪苗代磐梯高原インターからは

15 分程度で到着します。

 

反対に雪道ドライブを思い切り楽しみたい!

という向きには会津高原高畑がオススメ。

西那須野塩原インターから約 80km。

約 2 時間たっぷり下道ドライブを楽しむことができます(笑)

食事

両ゲレンデとも食事が旨いんです。

 

猪苗代では会津地鶏の親子丼や牛乳屋食堂のラーメン。

高畑では唐揚げ丼がオススメメニューですが、

どれを食べてもまぁハズレはありません。

 

人柄

会津の人はとにかく心根が暖かいです。

私が茨城生まれなので話す言葉が近いというのも

ありますが、とにかく親みやすい印象があります。

 

ただ、ちょっとお年を召した方に

思いっきり会津弁で話されると、

私でも意味が分かりません(笑)

 

その他特典

猪苗代限定ですが、「いなチケ」というのがあります。

これは毎冬発売されるもので、

猪苗代町内のスキー場、宿泊施設、

お食事処などで使えるプレミアム付き金券で、

販売価格 10,000 円で 12,000 円分使うことができます。

 

今年はまだ発表がありませんが、

間もなくアナウンスがあると思います。

 

まとめ

ここまでお読みいただいた方、

本当にありがとうございます。

 

色々書いてきましたが、

このエリア、なかなか魅力的だと思いませんか?

 

一度、騙されたと思って、

是非ゲレンデにいらしてみてください。

 

お越しの際には私が誠心誠意ご案内いたします。

 

※地元観光協会などからは一銭も貰っておりません(笑)

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ