小江戸で会津の味 川越産業フェスタ2015

あいにくの天気の中ではありますが、

ちょっと川越へぶらりと出かけてきました。

 

目的は「川越産業フェスタ2015」。

各自治体でも行なわれているようなイベントなんですが、

これに北塩原村が出展し「会津山塩ラーメン」を販売。

と聞き、居ても立ってもいられなくなったわけです。

 

会場は川越運動公園。

11 時過ぎに川越駅に到着。

東口の  7 番乗り場から東武バスに揺られる事約 30 分。

発車時は結構な人数が乗ってましたが、

多数が途中の埼玉医大で下車し、

10人ほどが終点の運動公園まで乗車していたようです。

 

雨天ではありますが、それなりに人が出ています。

展示は同じ福島県からは棚倉町、南会津町(伊南地区)、

他には香取市(千葉県)、小浜市(福井県)や三陸方面(詳細失念…)

などや地元の団体などが出ていました。

 

早速目的のブースへ。

DSC08652

 

前金制で会津山塩ラーメン(700 円)を注文します。

で、数分待ってやってきたのがこちら。

DSC08651

チャーシュー、メンマ、ネギと言う、

至ってオーソドックスな具の下には

喜多方のそれと思われる太縮れ麺。

スープは美しく透き通っています。

 

さて、ここで解説。

「会津山塩」とは北塩原村にある温泉「大塩裏磐梯温泉」の

お湯から昔ながらの製法で作られた塩の事。

 

では実食。

塩味のスープはさっぱりしつつもコクがあり、

ちょっと他の塩ラーメンでは味わえない感じ。

…らしいのですが、ちょっと味が薄かったかなぁという印象。

それでも充分な厨房設備ではない所を鑑みて、

及第点は与えられる味です。

 

実は今回はじめて食べたんですが、

今度は現地で食べてその真の実力を

目の当たりにしようと思います。。

さて、空腹を満たした後は、

スタンプラリーをしつつ会場を一巡。

スタンプ台も雨でやられてしまい、

スタンプが上手く押せません。

 

係員さんに聞くと、

事務局の方にその旨を言えば OK との事。

性善説にのっとったおおらかシステム、イイ!(笑)

 

第二会場となっている体育館の中では、

地元企業、大学の展示や、

イベント(本来屋外ステージで予定されていたもの)

が行なわれていました。

DSC08653

こんな天気なので、

体育館内に避難している方も多かったですね。

 

あれやこれやで数時間滞在し、

その後相方様と合流して「小江戸はつかり温泉」へ。

 

日曜の夕方そして気温も低めということもあり、

沢山のお客さんが来ていました。

脱衣所も混雑、湯船につかるのにも気を使い、

ちょっとストレスを感じてしまいました。

 

入浴後はそのままここで夕食。

因みに、この施設では受付時に

三井ショッピングパークカードを提示すると、

お食事処でウーロン茶かメロンソーダが無料でいただけます。

IMAG2587

鶏南蛮定食(930円)は旨し!でした。

たっぷりのタルタルソースも嬉しいですね。

 

ということで、最後にはなんとか満足感を得て、

一日を終えることができましたとさ。

 

ところで、素朴な疑問。

お風呂に入ったあと喫煙室でタバコ吸ってる人って、

タバコ臭がついてもなんとも思わないのかな…

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ