北の銘菓を味わう。内地(自宅)で…

先日近所のスーパーで北海道の

イベントが開催されていました。

 

そこで入手したのが、

と、

の 2 点。

 

六花亭さんの「マルセイバターサンド」はご存じの方も

多いのではないでしょうか。

北海道のおみやげとしてすっかり定着した感がありますね。

 

石屋製菓さんの「白い恋人」と並ぶ人気の商品となっていて、

同社の 4 割の売上を占めているそうです。

 

ご存じない方のために説明しますと、

小麦粉で作ったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、

北海道産生乳 100% のバターをあわせたクリームをサンドしたもの。

一つ食べると、思わずもう一つ…となってしまう、

魅惑のお菓子です。

 

続いて 2 つめ、柳月さんの「三方六」は、

薪の形を模したバームクーヘンに、

ホワイトチョコとミルクチョコレートをかけ、

白樺の木肌を模しているお菓子です。

 

不思議な名前「三方六」の由来については、

北海道開拓時代、冬の暖房のために欠かせなかった

薪のサイズ「三方が六寸」によるもの。

 

このお菓子は私が北の大地に行った際、

必ずと言っていいほどお土産に購入しており、

しっとり感がたまらない逸品であります。

ご存知ない方、一度お試しあれ。

 

以前は一本がドドーンと梱包されていましたが、

現在は一口大に切れ目が入っており、

とても食べやすくなっています。

 

因みに私、帯広に行く際には、

必ず六花亭本店に立ち寄り、「サクサクパイ」を

いただくことにしています。

このお菓子は賞味期限が 3 時間しかなく、

帯広本店と西三条店、釧路の春採店、鶴見橋店、

札幌本店でしか買うことが出来ません。

 

以上、私の愛するお菓子についての

エントリーでした。

みなさんも気分だけでも北の大地を

味わってみてはいかがでしょうか。

 

あー、こんなこと書いてたら

サクサクパイが食べたくなりました。

帯広に行きたーい!

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ