私が惚れ込んだお姫様、その名は「つや姫」

本日は私が惚れ込んだお米について。

 

まず、画像からご覧頂きましょう。

IMAG2454_R

その名も「つや姫」であります。

山形のブランド米としてその名をご存じの方も

既に多くいらっしゃるかもしれません。

 

ちなみにパッケージデザインは、

今をときめく佐野研二郎氏!(苦笑)

 

私とこのお米との出会いは、

数年前の山形(天元台)でのスキー。

 

宿泊した小野川温泉で饗されたのがこのお米。

本来の目的だった美味しい米沢牛を

しっかり楽しんだあと、締めでいただいた白飯が

非常に美味しかったんです。

 

この衝撃的な出会い!から

「つや姫」フリークとなりました。

 

今回はこのお米について色々調べてみました。

 

すると、以下の事実が分かりました。

  • 旨味、甘み、旨味・コクがコシヒカリより多い
  • アミノ酸(グルタミン酸、アスパラギン酸)がコシヒカリより多く含む
  • 冷めても美味しい
  • 粘りと柔らかさのバランスが絶妙
  • (財)日本穀物検定協会のランキングで 5 年連続特A獲得

 

旨いと直感した、私の舌もなかなか優れたもんですね(笑)

 

で、視点を変えまして、

農家さん(生産者)の立場に立ってみると、

こんな特徴もあるそうです。

  • コシヒカリより丈が短く倒れにくい
  • 高温耐性が強い
  • 白未熟粒(表面が白濁しているもの)が少ない

 

まさに、ブランド米になるべくしてなったお米であることが分かります。

 

とは言え、そうなりますとお値段もそれなりに…

ですので、普段はあえなく他のお米を食べることも

ありますが、つい先日、近所のスーパーで、

去年ものですが、格安で販売されていたので

ついつい買ってしまった次第です。

 

ということで、私の「つや姫」愛。

伝わったでしょうか?

 

最後に、

なぜ今日のエントリーになったか?の種明かし。

 

本日(というか毎月 28 日)は「つや姫の日」で

あったりするから(笑)

 

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ