初夏の福島で宝探し(その2)懐かしの地へ

昨日からのつづき。飯坂からスタートです。

 

まず起床してひとっ風呂。

ホテル聚楽には 2 つの温泉「花ももの湯」と「ゆらり」があり、

後者は時間帯により男性用、女性用が入れ替わります。

 

本来は女性向けのようで、我ら男は午前中(5:00~ 9:00)しか入れません。

ということで、朝湯は「ゆらり」で楽しみました。

 

脱衣所にパウダールームがあったり女性には嬉しい設備があります。

また、 2 つの温泉に共通のサービス「シャンプーバイキング」は面白い試みですね。

女性は特に喜ぶのではないかと。

 

さて、さっぱりしたところで朝食。

もちろん「ライブキッチン」のバイキング。

DSC07942_R

和洋折衷?

朝も種類が豊富で、とても食べきれるものではありません。

 

ということで、ここのお食事がだいぶ気に入りましたので、

近いうちにまた泊まりに来ようと思います。

 

10 時ギリギリまで滞在して、

チェックアウト後はそのまま飯坂の街で宝探し。

1 つちょっとした勘違いをしてしまい、

無駄な時間を過ごしつつも、なんとかお宝をゲット。

 

ここで宝探しは小休止。

久しぶりに磐梯吾妻スカイラインをドライブしてみることに。

 

まず、つばくろ谷でクルマをとめ、

眼下に広がる福島の街を望みます。

DSC07950_R

ここは夜景がきれいなスポットでもあるのですが、

昨今の火山活動の影響で現在は夜に来ることが出来ません。

はやく収束してもらいたいものですが。。

 

更に走ることしばしで木々が低くなりこんな景色に。

DSC07953_R

 

程なく浄土平の駐車場に到着です。

ここは「福島ディスティネーションキャンペーン」の

期間中(6 月末まで)に限り無料でとめる事ができます。

 

すぐそばにそびえる吾妻小富士へ登ってみます。

といっても今日は軽装で時間も限られていたので、

火口(お鉢)にとりつくところまで。山頂はまたの機会にとっておきます。

ここまでは片道約 10 分。お気軽に登れます。

ここからお鉢巡りをすると約 1 時間かかるそうです。

DSC07959_RDSC07960_R

かくしてささやかな「登山」終了。

 

因みに、ここから一切経山(日本三百名山)へ至る

登山道もありますが、現在はこちらも通行止めとなっています。

 

ちょうどお昼時ではあったのですが、

裏磐梯のとあるお店に行きたくて、先を急ぐことに。

と、その前に土湯温泉へ下りて宝探し。

サクッとクリアしたつもりでしたが、

ちょっと歩きましたのでちょっとロスタイム。。

DSC07967_R

 

土湯からは磐梯吾妻レークライン経由で裏磐梯へ。

目的のお店(リンク先は食べログ)に着いたのは

まもなく 15 時になろうというところ。

ここは私が猫魔に篭っていたころ、時々通っていたお店。

 

営業時間は 17  時まで(パンが売れ次第終了)ですが、

さすがに平日のこの時間、パンは残り少なくなっていました。

その中から 3 点チョイスして、アイスコーヒーとともに頂きます。

DSC07974_RDSC07978_R

こちらはイートインも可能で、客席がまたいい雰囲気。

またその場合、調理パン等は温め直してくれます。

DSC07976_R

磐梯山と緑を望みながら

なので、休日にはかなりのお客さんがやってくる人気店です。

 

かなり遅いランチの後は、裏磐梯で宝探し。

ここも馴染みのある土地なので、

割りと簡単に攻略出来たと思います。

 

お日様が傾いてきたので、帰路につくことに。

結構な距離を歩いたので、

お風呂で汗を流して帰ることにします。

 

立ち寄るのは今冬見つけた猪苗代湖畔(志田浜)の温泉。

露天風呂からはこんな絶景を見ることができます

(貸切状態だったので撮影してみました)。

DSC07986_R

少し早かったですが、夕陽の時間帯は素晴らしいだろうなぁ。

 

かくして、充実の福島 2 日間の旅は終了。

また近いうちに宝探しの続きをしに来たいと思います。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ