最高!太平洋フェリー乗船記(いしかり)

箕輪で滑った後、一路仙台港へ。

今回は時間をゆったりとって、船便で

北の大地へクルマ(友人の)を持ち込みます。

 

乗船は仙台港

17 時少し前にフェリーターミナルに到着。

ドライバーの友人が搭乗手続きをしている間、

停泊中のフェリーを撮影。

DSC06369_R

いしかり

 

乗船日は 12 月 27 日。今回は「いしかり」での運航。

この船は「フェリー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しており、

太平洋フェリーの船は旧「いしかり」等他の船を含めて

22 年連続受賞しているとの事。いやが上にも高まる期待。

 

いざ乗船

ドライバーの友人と別れ、18:00 頃にターミナルから

徒歩で乗船開始。

DSC06382_R

エントランスのエレベータ

 

エントランスも良い雰囲気。

吹き抜け部のエレベーターは船内である事を忘れさせます。

 

B寝台

乗船後、荷物を置くのを兼ねて

今回のねぐらを確認。

DSC06386_RDSC06388_R

B 寝台は 2 段ベッド。

シャッターカーテンで

プライバシーが保護されます。

 

このカーテンは内側から

簡易的にロックがかかるように

なっています。

 

設備は小さい網棚とフック、

それに照明部のコンセントがありました。

 

この船は就航 3 年で、

設備はまだ綺麗ですね。

 

お風呂もあります

出航の 19:40 までは時間があるので

船内の展望大浴場で

冷えきったカラダを「解凍」します。

 

5 月に乗船した津軽海峡フェリーでは

シャワーしかなかったので、

やはり湯船で足を伸ばせる

お風呂の存在はこの時期

とてもありがたいですね。

参考記事:【アーカイブ】江差線さよならツアー その2

 

バイキングでディナー

お風呂の後は夕食。

レストランでバイキング(2,000 円)。

その場でどんどん焼きあがってくる牛ステーキが

美味しくてついつい食べ過ぎました。 。

夕食バイキング

ビールは別料金

 

食事を楽しんでいる間に

いつの間にか出航していました。

 

太平洋上は穏やかで大きな

船体のせいもあり揺れも少なめ。

落ち着いて過ごすことが出来ます。

 

船内散策

食後は船内をぶらぶら。

共有スペースがあちこちにあり、

全体的にゆったりしている雰囲気です。

 

ラウンジのショータイム

後方にあるラウンジでしばしショーを楽しみ、

優雅な時間を過ごしました。

DSC06408_R

ここはショー終了後には

映画上映もあるようです。

 

デッキに出て星空を愛でたあと、

今日は早めに休むことにしました。

 

翌朝(12/28)

ベッドは少し暑く、

汗をかいたのでかったので、

まずは展望大浴場で汗を流します。

 

ちょうど津軽海峡付近を

航行しているらしく、

少し揺れが大きく、

湯船が波のプール状態でした。

 

面白い感覚ですね

(ちょっと酔いました)。

 

朝食は、、、

昨晩食べ過ぎたせいか、

胃の調子が思わしくなく、

お風呂でのほろ酔いもあり、

バイキングは辞退することに。

 

友人に画像撮影をお願いしました。

DSC06416_R

 

苫小牧着

苫小牧港には定刻の 11:00 到着。

DSC06421_R

遠くに樽前山

 

太平洋フェリーでは下船時も

ドライバーと同乗者は別行動です。

 

それぞれ下船後、ターミナル脇の駐車場で

待ち合わせして合流しました。

 

まとめ

かくして優雅な船旅は終了。

このフェリー客室設備、

共有施設などどれを

とっても素晴らしかったです。

 

クルマを持って渡道する

予定のある方には、

ぜひともオススメします。

 

他のフェリーに比べて

ちょっと高いですけどね。。

 

さあ、船を降りたら

ゲレンデに思いを馳せてドライブ開始です。

以降は次のエントリーでお送りします。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “最高!太平洋フェリー乗船記(いしかり)”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ