北海道暮らしフェアと水上バス

都内のイベントと

ぶらりレポートをお届けします。

 

北海道移住イベント

まずは浜松町へ。

北海道暮らしフェア2014」をたずねました。

 

会場には移住者受け入れに

積極的な市町村、北海道の

企業などがたくさん

参加していました。

 

私は今いちばん興味を持つ

上士幌町のご担当の方と面談。

 

士幌町のちょっと暮らし

1 週間~ 1 ヶ月間当地での

生活が体験できる、

「ちょっと暮らし」について

説明を受けました。

 

これは自治体が準備した

専用住宅にお試しで生活

できるというもので、

物件に基本的な家具、寝具等は

すべて完備、滞在中の光熱費等も

料金に含まれているそうです。

 

物件によってはインターネット環境も

準備されています。

 

そんな至れり尽くせりの条件ですが、

受入対象なのはあくまで「移住を検討している人」で、

申込時に審査があるようです。

 

また、季節的に夏~秋にかけては人気の所が多く、

入居するには抽選となることもあるようです。

 

私は冬の生活を試してみたかったので、

その旨を伝えてみると

「冬は人気薄なのですぐ案内できます。」

との事。

また上士幌では人気物件でも

冬は料金が安く設定されていました。

 

かなり現実的な話ができ、

充実した時間が過ごせました。

条件が許せば年明けにでも

お試し生活を実行にうつしてみたいと思います。

 

水上バス

さて、帰り道。

今回の会場は浜松町というより

竹芝駅の近くでした。

 

すなわち、海が目の前。

そういえば近くから水上バスが出ているな。

とふと思い、時刻表を調べると

ちょうどよい時間に便があるようです。

 

水上バス乗り場は日の出ふ頭。

会場から歩いて 10 分。

チケットを買いのりばに行くと、

ちょうど「ホタルナ」が到着するところでした。

ホタルナはお台場行きなので

乗れませんでした。

 

私が乗ったのは通常便。

浅草までは 780 円。

 

船の画像撮り忘れました。。

この日は団体さんが

多数乗船していたようで、

10分弱遅れて到着。

 

その団体をどっと下ろした後、

そのままの遅れで出航しました。

 

幸い、この便に同乗する団体は

なかったので船内は余裕が。

 

2 階の右舷側の席を陣取ります。

するとほどなく出航。

天気もよく、さわやかだったので

1 階の売店で生ビールを

買い込んで気持ち良い航海。

隅田川ヴァイツェン

隅田川ヴァイツェン

 

 

 

 

 

 

 

隅田川の風景を見ながらの

贅沢なひとときはあっという間に過ぎたのでした。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ