北海道の飲み物といえば

今日も北海道ネタ。

イトーヨーカドーで「北海道フェア」開催との情報を得たので、

近所のお店へ。

 

目立つ場所にこの 2 品があったので思わず購入。

(サッポロクラシックもあったのでまた買いに行く予定です)。

IMAG1466_R

初めて見たポテチは置いといて(味はいまいち)、

今回は左のガラナ飲料について。

北海道ではコーラのように親しまれているこの飲料。

私も行くたびに飲むことにしています。

 

さて、製造方法は、

「ブラジルアマゾン川のごく一部の流域でのみ採取される

『ガラナ』という木の実から抽出したエキスに、糖分や炭酸を加えて作る」

とのこと。

ちなみに、ガラナの実自体の味は薄いらしく、あの飲料独特の味は香料によるものだそうです。。

 

お次は歴史。

誕生は 1958 (昭和 33)年。コカ・コーラに対抗するため日本の

「全国清涼飲料協同組合連合会」で開発されました。

(コカ・コーラが日本で一般向けに製造されたのは 1956 年)。

その後、日本全土にコカ・コーラ旋風が巻き起こり地方の飲料会社は淘汰の憂き目を見るわけですが、

北海道ではコカ・コーラの製造、展開に 3 年ほどのタイムラグがあったため今まで生き残る事になったとされています。

 

今、道内ではいくつかのガラナ飲料が見られますが、今回はこの「コアップ ガラナ」について

更に調べてみました。北海道では株式会社小原という会社が作っています。

また、日本全国に同ブランドで製造する会社もあるようですが、

現在ではこことホッピービバレッジ株式会社の 2 社でほぼ独占状態とされています。

 

私の母親が増毛町出身なのですが、

昔はこの街に独自のガラナ飲料をつくる小さな会社があったはずなのですが、

いつの間にか廃業してしまったようです。。

 

ご興味を持たれた方に入手方法を。

基本的には北海道限定販売ですが、今回のようなイベントやネット通販で

購入することが可能です。

また、喫茶室ルノアールでも味わうことができるとの事です。

 

と、色々書いていたらまた北海道に行きたくなってしまいました。

みなさんも一度、「北の味」を味わってみてはいかがでしょうか。

できれば現地で。。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ