EV、ゼロエミッションについての考察

最近報道を賑わせている「EV」

という言葉について考察を。

ちょっと長いです。


スポンサードリンク

EV とは

まず定義。

ここでは広くネットを漁った結果、

ワタシの独断で一般的と思わる定義を書いておきます。


EV=Electric Vehicle は、

直訳すると「電気の車」ですが、

「電動車」とするのが一般的です。

その方式は様々でありまして、

以下では代表的なものを

ピックアップしてみます。

BEV(Battery -)

電気自動車。

電池(Battery)を動力源とし、

モーター駆動するクルマ。

恐らく多くの方が EV と聞いて

思い浮かべるのはこれでは?


例:日産 リーフテスラの全車種


ただし、あくまでこれは EV の種類の一つ。

EV はこれ以外にもあるのです。

HEV (Hybrid -)

ハイブリッド車。

2 つ以上の原動機を持つクルマのうち、

特にエンジンとモーター組み合わせた物。


まぁ、これが一般的なハイブリッド車

という認識だと思います。

例:トヨタ プリウス日産 ノートホンダ フィット(一部)

PHEV (Plug-in Hybrid -)

プラグインハイブリッド車。

ハイブリッド車のバッテリー容量を拡張し、

家庭用電源などからプラグを

通して電力を供給し充電できるもの。


例:三菱 アウトランダー(一部)、トヨタ RAV4(一部)

FCV (Fuel Cell Vehicle)

燃料電池自動車。

搭載した燃料電池で発電し、これを動力源として

モーターを駆動して走るクルマ。


例:トヨタ MIRAI

2030 年ガソリン車ゼロ

つい先日、東京都知事の小池さんが

ぶち上げたこの施策、かなり

ショッキングなものと

捉えた方も多いかもしれません。

が、ここは皆さん、冷静に。


ここでの「ガソリン車」というのは、

ガソリンエンジン“だけ”で走るクルマ

(以下「純ガソリン車」)。

ハイブリッド車は含まれません。

ここに実は逃げ道が用意されています。

救いはマイルドハイブリッド

ハイブリッド車をさらに分けると、

ストロング(フル)ハイブリッドと

マイルドハイブリッドの 2 つ。


「ストロング」と「マイルド」ってのは

モーターの出力の度合いで区別します。


例えばスズキのマイルドハイブリッドは

ISG と小さめのリチウムイオンバッテリー

の組み合わせ。


この ISG(Integrated Starter Generator)

というのは、ざっくり説明すると、

「発電機能を持ったセルモーター」。


セルモーターの機能を拡張させて、

発進時にモーターによるアシストが

入るようになっています。


また、減速時には発電機として使用、

そのエネルギーを電力に変換し、

バッテリーを充電(回生)します。


出力としてはセルモーターと

ほぼ同等で小さいもので、

これが「マイルド」たる所以です。


ちょっと説明が長くなりましたが、

何が言いたいかというと、

この仕組みならば純ガソリン車にちょい足しで

ハイブリッド車にできるということ。


多少のコストアップ 5 万円程度は

発生しますが、これなら

幅広いジャンルの自動車に

展開ができます。


2030 年以後の東京都では

しばらくこの方式で凌ぐことが

できるわけです。


ただし、あくまで

「マイルド ハイブリッド」が

小池さんの言う「電動車」の

範囲に入れば、ですが。

本当にゼロ・エミッション?

ここで新たな視点・言葉を。

Zero Emission Vehicle (ZEV) とは、

二酸化炭素(CO2)などの排気ガスを

発生しないクルマのこと。


先に挙げた BEV、FCV がこれに

該当します。


世界的には ZEV を導入する

流れが加速している模様。


特に欧州、中国勢は血眼になって

BEV 導入に邁進しているようです。


で、日本(特にトヨタ)は

ハイブリッド車が主流で、

この流れに乗り遅れているのでは?

という論調も出ていますが、

ワタシはこれに異を唱えます。


「遅れている」のはあくまで

あちら視点。


例えば、同じく ZEV である

FCV でトヨタ・ホンダなどで

開発が進められていて、

あちらの国に比べて優位な位置にあります。


また、ZEV はクルマ自体からは

CO2 は出しませんが、

LCA (Life Cycle Assessment) という

観点でみると製造過程で CO2 を

産出しており、その製品の

生産→廃棄までの過程で

生成される CO2 はディーゼル車と同等

(すなわち EV より HEV が低負荷)

という数値も出ているようです。

※ LCA=ある製品・サービスのライフサイクル全体
    での環境負荷を定量的に評価する手法。

がんばれニッポン

ということで、LCA という視点でみれば

日本の「ハイブリッド+燃料電池車」という

施策はあながち間違ってない

と言えるのではないでしょうか。


ちょっと弱い結論になってしまいました。

本当はもっと書きたいことが

あったのですが、さらに長くなりそうなので、

また改めまして。


最後にそのヒントとしてこの動画を。


したっけ。






クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ