【渋滞知らず】ネモフィラを見に行こう!ひたち海浜公園 JR ツアーの申込方法

先日ご紹介したひたち海浜公園のネモフィラツアー。

 

何軒かお問合せをいただきましたので、

手配方法やより楽しんでいただくために

知っておくといい情報などをご紹介します。

 

まずは手配について。

 

以下 2 つの方法があります。

 

びゅうプラザ

手っ取り早いのはこの方法。

私も今回はこの方法を使いました。

 

これは駅にあるびゅうプラザに

足をはこぶ必要がありますが、

出発当日でも手配が可能です。

 

最近びゅうプラザが減ってきているのが

難点ですが、思い立ったら行動!

という方にはうってつけのプランです。

 

では、具体的にその手配方法の紹介。

 

びゅうプラザ前にツアーパンフレットがありますので、

それを一部持ってカウンターに行き、

「このツアーをお願いします」で OK です。

 

パンフレットがない場合は、

「ひたち海浜公園の日帰りツアーを……」

などと口頭で言ってみても大丈夫かと思います。

 

申し込み時に特急列車の指定席(往復)を

手配することになりますので、事前に乗る

列車を決めておくとスムーズに手配できます。

 

ネット手配

お次はインターネットによる手配です。

私がオススメするのは JR 直営のえきねっと

こちらでは出発 2 日前まで手配が可能です。

 

上記サイトにアクセスすると、

売れ筋商品の中にある「ひたち海浜公園」のリンクを

クリックし、指示通りに出発日、利用列車、受け取り方法、

決済方法などを決めていけばOKです。

 

手配後、きっぷ類の受け取りは JR 東日本の駅にある指定席券売機で

行うことになりますが、一部の場合を除き、

出発日の 5 日前までならば宅配で

送ってもらうことも可能です。

 

共通事項

どちらも料金は同じ 6,500 円 → 2017年は 6,400 円に。

常磐線の途中駅(柏、土浦)から

出発する場合は料金がお安くなります。

※ 柏駅からは 1,400(700)円引
土浦駅からは 2,200(1,100)円引
()内は子供料金

 

また片道 1,000 円をプラスすると

グリーン車に乗ることもできます。

 

通常の特急列車グリーン料金は

100km 未満の乗車でも 1,280 円

ですから、この場合もオトクになります。

 

おすすめプラン

勝田からひたち海浜公園までは直通バスがあり、

このツアーの推奨プランとなっていますが

(プラン申込時にバス時刻表ももらえます)、

このバスはツアー代金には含まれていません。

 

そこで私がおすすめするのは

ひたちなか海浜鉄道湊線と

ネモフィラシャトルバスを利用するプラン。

 

勝田駅で特急を降りたら、

改札を出ずにそのまま 1 番線の湊線乗り場に向かってください。

ここに小さい出札窓口がありますので、

ここで「フリーきっぷ」を購入しましょう。

 

このフリーきっぷには海浜公園入場券付きの

ものもありますが、

入場券は前述の JR プランに含まれていますので

間違って購入しないように注意してくださいね。

 

湊線を終点の阿字ヶ浦駅まで乗車すると、

駅前からネモフィラシャトルバス(無料!)で

海浜公園の海浜口まで直行できます。

 

※ 2017年4月22日 追記

2017 年度のシャトルバス時刻表はこちら

 

ひと味違う楽しみ方

海浜口はネモフィラが咲いている

「みはらしの丘」への最寄りの

入口となっており大変便利です。

 

またメインゲートである西口の

反対側にありますので、

人も少なめの穴場的エリアでもあります。

 

ということで、混雑の予想される

ゴールデンウイークでも

比較的落ち着いて行動することが

できると思います。

 

また、一通り公園を楽しんだ後は、

フリーきっぷを活用すると、那珂湊駅で

途中下車をして、おさかな市場などを楽しむ、

なんてオプションも楽しむことができます。

 

今回のエントリーを参考になさって、

「死ぬまでに一度は見たい景色」を

存分に味わってくださいね!

 

したっけ。
2017年ゴールデンウィーク国内旅行特集

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ