SUBARU 次期 WRX 国内版を勝手に予想してみます

SUBARU ネタです。

つい先日、米国 SUBARU の Web サイトに

次期 WRX のティザーサイトがオープンしました。

まだ詳細は明らかにされていませんが、

勝手に予想してみようと思います。

※ 以下、全て未確定情報です。


スポンサードリンク

新エンジン

搭載されるエンジンの型式は F24 DIT。

2.4L 直噴ターボエンジンです。


このエンジンは既にアセント、アウトバックに

搭載されていますが、それは国内で言うレギュラーガソリン仕様。


これをハイオク仕様とし、専用チューニング、

大幅はパワーアップを図るものと思われます。

レヴォーグセダン?

そのフォルムについては、

レヴォーグの流れを踏襲したものになるでしょう。


すなわち、SGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)は

もちろんフルインナーフレーム構造も

採用することになるでしょう。


加えてリヤ周りの剛性はワゴンボディの

レヴォーグより必然的に高められますから

さらなる攻撃力アップとなることは

間違いないでしょう。

MT も健在

今回も MT(STI)、CVT(S4)の

2 本立てになると予想されます。


STI に採用されていた名機 EJ20 は

絶版となってしまったので、

どちらも FA24 エンジンに統一される

と思われます。


ただ、CVT は受け止められるトルク容量に

限界があるため、MT よりパワーは

控えめになるのでは。

アイサイトは?

新世代アイサイト搭載され

レヴォーグに準じてアイサイトX も

オプションとして採用されるでしょう。


BRZ の例を見ても MT 版への搭載は

見送りとなる公算が大きいですね。

レヴォーグにも 2.4L?

ところで、WRX の発表に呼応するように

今年(2021 年)の年次改良で

レヴォーグにも FA24 DIT エンジンが!?

という噂も漏れ聞こえてきます。


これが本当なら CB18(1.8L ターボ)で

物足りなさを感じていた方には朗報。

実現を祈るばかりですね。

日本での発表はいつ?

新 WRX は米国においては年内の発表が

確約されたわけですが、

国内では確定情報はありません。

※ 2021 年 8 月 19 日ニューヨークモーターショーで
 発表されることが明らかになりました。

夏から秋にかけてはレガシィ アウトバックの

登場も噂されており、これとバッティングする可能性も。

今後ますます目を離せない状態でございます。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。