台数増加!待たずに乗れる循環バス@猪苗代スキー場

前回の訪問で気づいたこと。

まだまだある猪苗代スキー場の

今シースンの変化点について、

今更ですが書いてみます。


スポンサードリンク

循環バス

猪苗代スキー場では、

スノーハウスいなわしろ(はやまゲレンデ下)、

センターハウスばんだい(中央ゲレンデ下)、

ミネロセンターハウス(ミネロゲレンデ下)

を結ぶ循環シャトルバスを運転しています。


これに乗れば、例えば西駐車場に

クルマを止めてもミネロエリアへの

移動なども容易になります。

増車!

先シーズンまでは数台のバスが

往復をしていた記憶なのですが、

今シーズンは、

近隣で手配したと思しき某レンタカーの

マイクロバスも動員

(残念ながら我が T レンタカーではないですが)、

駐車場の入り込みが多い朝の

実感としては常に 2 、3 台の

バスが連続してきており、

かなり便利では、という印象でした

(実際に利用はしていませんが)。

公式サイトにある

「待たずに乗れる」は嘘ではないかと。

活用法

そんな便利な循環バスの

効率的な利用法をワタシなりに。

その1 駐車場満車対策

例えば、土日の混雑時などは

希望の駐車場にクルマを止められない

というケースが発生します。


例えば多くのクルマが

殺到する中央エリアは

駐車場がすぐ満車になりがち。


そんなときはサクッと諦めて、

他の駐車場に停めてバスにて

希望ゲレンデへ。

その2 名物攻略

ランチ時間などに、

それぞれのレストランでは

独自のメニューが展開されています。


例えばミネロの焼き立てパン、

レストランはやま(葉山ゲレンデ)の

とろとろ親子丼など。


これを食べるために、

バスにて移動するという方法です。


例えば、ミネロ→はやまゲレンデへの

移動は滑って行こうとすると

必ずリフトに乗る必要があり、

その経路もちょっと複雑だったりで

時間もかかるため、

不案内な方は迷わずバスで

移動することをオススメします。


ミネロでパンを買って

中央エリアへ持ち帰るといった場合も

滑るよりバスを利用したほうが

安心できますよね。

もちろん無料!

この循環バスサービスは、

スキー場のサービスの一貫で、

料金は「無料」です。


今シーズンは平日リフトも無料、

駐車場も無料になりましたから、

この循環バスを有効活用して、

ちょっとだけでもゲレンデに

お金を落としてみませんか?


したっけ。





クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ