初心者も安心!猪苗代スキー場でスキー・スノボデビューするならこのコース

シーズンも後半戦に突入しておりますが、

今後、猪苗代スキー場

スキー・スノーボードデビューを

しようと思っている方へ

オススメコースをご案内。


スポンサードリンク

フラットバーンはなし

まず、猪苗代スキー場は、

残念ながら完全フラットという場所は

殆どありません。

強いて上げれば、

中央ゲレンデのはやま第 3 リフト乗り場付近に

ありますが、ここはミネロからの連絡路を

兼ねており、またセンターハウスばんだいへ

出入りする人がいますので、

あまりオススメできません。


また、ミネロエリアは

最下部にフラットな場所がありますが、

そこからステップアップする際に

最適な斜面がありませんので

初めての方にはオススメできません。


ということで、

ある程度斜度が緩く、比較的練習しやすい

バーンをいくつか挙げてみます。

中央ゲレンデ

はやま第 3 リフト沿い。

ゲレンデマップでは、この辺り。

濃いピンクで示したところです。

キッズパークの上の辺りです。


ここまで歩いて登るか、

あるいははやま第 3 リフトには

板を履かずに乗車できますので、

山頂で降りた後は出だしの急なところは

そのままコース端を歩いておりましょう。

西ゲレンデ

ゲレンデマップで示すと、

レストハウスさんすいから

少し登った中腹あたりに

比較的なだらかなバーンがあります。


ここはリフトを使えないので、

板を担いで上る必要があります。

上から滑ってくる人に気をつけて、

コース端を歩きましょう。

葉山ゲレンデ

ゲレンデマップではここ。

スノーハウスいなわしろから

少し歩いて上がると斜度が緩くなります。


あるいは、はやま第 2 リフトに

板を持って乗車、山頂から細く急な坂を降りて、

コースが広くなる辺り。

ここまでコース端を歩いて降りましょう。

守ってほしいこと

まず、ゲレンデ内では、

最低限、以下の点にご留意を。

  • 立ち止まるならコース端
  • 滑り出す時は上から滑ってくる人の邪魔をしない
  • 滑っている時は下の人優先
  • コース真ん中を歩かない

何をやるか

場所が決まって、いざ練習!

で、何をすれば?

と迷った方、スキーに関しては

ワタシなりのスキー教程をご参照いただければ。。


より手っ取り早く、ということであれば

こちらのスクールに入校しちゃいましょう。

※ このスクールで最近 PV を作ったみたいですよ。

※ワタシもちょりっと登場させてもらってます。


したっけ。





クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ