トヨタ ブレーキホールドとスバル オートビークルホールドの違い?

本日は最近のクルマの便利機能を。

トヨタでは「ブレーキホールド」、

スバルでは「オートビークルホールド」と

呼ばれているモノについて。


スポンサードリンク

機能概要

まずは両者共通のところですと、

信号待ちなどの停止時にブレーキペダルから足を

離しても、車両の停止状態を保持してくれる機能です。


保持中にアクセルペダルを踏み込むと

ブレーキの保持機能を解除してくれる、

というもので、

この便利機能、一度使うと離れられなくなります。

両者の違い

さて、本題。

トヨタとスバルのそれは、

単に名前が違うだけで同じ機能でしょ。


とワタシも思ってましたが、

実はちょっと違いがあることに気づきました。

踏力

まずはブレーキ踏力調節での動作。

スバル車の場合、

停止時にいわゆる「抜く」動作をして

ごくごく弱い踏力にしてあげると、

クルマが停止しても作動しません。


対してトヨタ車は同じ操作をしても

停止すると踏力に関係なく作動します。

解除方法

両者共通の解除方法は、

  • 保持中にアクセルを踏む
  • ブレーキを踏みながらホールドスイッチを押す

の 2 種類がありますが、

スバルの場合、これに加えて、

再度ブレーキを踏むだけで解除させる

ことができます。

使い勝手がいいスバル

これ実際に使うとわかるんですが、

スバル車の場合、例えば駐車場に入れる時の

少しずつ前後の繰り返し移動なんてときに

ブレーキペダル操作(+クリープ)だけで

済むのに対して、トヨタ車の場合、

ブレーキとアクセルを踏み変える

必要が出てきます。


これ体験するとまどろっこしく感じます。


そんなときはスイッチ操作で

解除してやればいいのですが、


こういう細かいところで

スバルの使い勝手の良さ、

気配りというのを感じるわけです。


こういう、奥ゆかしさ?も

スバル車の魅力なんだなぁと

改めて感じた次第です。

スバル車、いいですよ

ということで、

まだスバル車に乗ったことがない

という方がいらっしゃれば

一度ふれてみるのも良いかと。


ちなみにスバル車の弱点は燃費。

これだけはトヨタ車には及びませんので

その辺を重視される方には

残念ながらオススメできません。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ