ハンディ掃除機の伏兵? マキタの充電式クリーナ

家電ブロガーいけだです。

今日は掃除機について。

いま、愛車清掃のための掃除機を探してます。

 

前提条件

まず、

  • ハンディタイプ
  • 充電式

の 2 点。

 

愛車の駐車場は自宅から

少し距離がありますので、

大きな掃除機を持っていくのは

ちと辛いです。

 

また近くに電源がないため

電源コードを繋ぐタイプは

使うことができません。

 

では、以下にいくつか

候補を挙げてみまししょう

 

クルマ特化タイプ

ハンディ掃除機としては車用に特化し、

シガーライターから電源をとる

こんなタイプも有ります。

 

が、公式サイトの商品ページ

見ても吸引仕事率の掲載がなく、

アメリカのメーカーということも

個人的には抵抗がありまして……

 

定番のダイソン

お次はかねてから目を

つけていたのはコレ。

クリーナーと言えばDyson。

性能は折り紙付き。ですけど、

やはり一番のネックと

なるのはそのお値段ですよね。

 

伏兵「makita(マキタ)」登場

で、もうちょっとお手軽な

ところでも探していたんですが、

そんな時、たまたま外出した時に

駅の掃除をする方が

持っていたハンディ掃除機に目が行きました。

 

それには「makita」と書いてあります。

で色々調べてみるとマキタさんでは

ハンディクリーナーで

結構な品揃えがあり、

業務用だけで実に 10 種類の

ラインナップを誇ります。

 

紙パック方式 or カセット式、

動作スイッチがボタン式 or トリガ式、

それぞれの方式から吸い込み仕事率の異なる

多彩なモデルから選ぶことが出来ます

(詳細は公式サイトのカタログで)。

 

調べていく中で私の目にとまったのは、

上記に加えてラインナップされている家庭用のこれ。

このモデルの吸込仕事率は 20w。

ダイソンの 100w に

遠く及びませんが、業務で

使用されるということは

それなりに信頼性が高いことは

想像に難くありません。

 

その価格は実売で 1 万円程度。

先の仕事率も、そのお値段を

考慮に入れれば納得のいく

ところではありますね。

 

また、こちらの大手通販サイトでは

類似のモデルが人気と

なっているようです

(こちらはマキタ純正より

若干性能向上が図られています)。

 

ということで、

いまのところはコレを

買おうかなと思っています。

もしお使いの方が

いらっしゃれば感想などを

お寄せいただければ

幸いでございます……

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ