新生「株式会社みなみあいづ」と南会津のゲレンデ

既報通り、「南会津ふるさとサポーター」と

なったワタシですが、遅まきながら

広報活動します。

本日は趣味のスキーに関したエントリーを。


スポンサードリンク

サポーター通信と広報誌

少しまえですが、自宅に

ふるさとサポーター通信と、

南会津町広報(2020 年 4, 5 月号)が届きました。


今回は広報の 4 月号から話題を拾います。

株式会社みなみあいづ

広報にはこの春、新たに誕生した会社が

表紙に飾られていました。


この会社は

  • みなみやま観光(株)
  • 会津高原リゾート(株)
  • 会津高原フレンド・カントリークラブ(株)

という 3 つが統合して新たに発足した

第三セクターで南会津町内の

スキー場・キャンプ場や宿泊施設などの

運営を主に行う会社です。

3 つのゲレンデ!

このほどの統合で、

その運営施設に会津高原たかつえスキー場

加わる事になりました。


もともとは会津高原だいくらスキー場

運営していましたが、昨年には

会津高原南郷スキー場

そしてさらに今年からはたかつえも……

と、南会津町に存在する 4 つのゲレンデのうち、

実に 3 つのゲレンデの運営を

することになりました。

共通リフト券?

ここでワタシが期待してしまうのは

これら 3 つのゲレンデ滑れる

共通シーズン券の登場。


これまで、シーズン券は

それぞれのゲレンデで

独自に発行していたようですが、

運営が同じとなれば

共通券発行の障壁も少なくなるはず。


実際に雪不足に悩まされた

昨シーズンでは早くに店じまいと

なってしまった南郷の

シーズン券、前売りチケットで

だいくらやたかつえが滑れたようですし。



今年は新型コロナウイルスの影響で

この冬がどうなるかについても

まだまだ見えないところも多いかと

思いますが、関係者の方々、

なにとぞご検討を。


実はワタクシ、南会津にもう一つある

「会津高原高畑スキー場」の

ファンなんですが、

シーズン券統合の暁には

これらのゲレンデも選択肢に

ハシゴしつつ南会津の冬を満喫!

なんてのもいいかなぁと思っております。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ