レガシィ アウトバック今年も年次改良(BS G 型)へそして B4 は……

スバルネタです。

レガシィ アウトバックの国内版は

今年も年次改良にとどまる事に。


スポンサードリンク

F → G 型

アプライドモデルは一つ進みますが、

性能・装備・グレード等の変更は一切なし。


今回の改良は 2020 年 9 月から

既存車種にも義務化される燃費の

WTLC モード表記に対応するためのもの。

一部カラー廃止

大きな変化はありませんが、

あえて挙げるならば、

今回以下 3 色のボディカラーが廃止と

なることくらいですかね。

タングステン・メタリック
ワイルドネスグリーン・メタリック
クールグレーカーキ

タングステン・メタリックは

アウトバックならではと言える色です。


さらに個人的にはかなりショックな

事として、ワタクシが購入を検討中の

ワイルドネスグリーン・メタリックも

その対象に加わってしまいました。


ということで、

大番狂わせが起きない限り、

ワタシが新車でこの色を購入することは

ほぼ不可能となりました。。

現行オーダーストップは

2020 年 7 月 20 日をもって

現行型はオーダーストップです。


ですが、些細な変更ですので

上記のボディカラーを狙っていない限りは

まだゆっくり考えても良いでしょう。

B4 廃止

そして、このタイミングを待たずして、

レガシィ B4 の国内版は

新規受注を終了しました。。


あとはディーラー在庫分の販売のみとなります。


こうして、上質なセダンが一つ

姿を消していきます。。

寂しい限りですね。

やる気なし?

にしても、スバルさん、

レガシィ系の国内冷遇が

ちと激しすぎやしませんか?


かつてのフラッグシップだった

このクルマがここまでの

扱いを受けるとは正直思いませんでした。


アメリカ一本足打法は

今回のコロナ禍でその

危うさが露呈していますが、

今後もこのまま進むのでしょうか。。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ