半EV?の日産ノート試乗レポ

今日はこんなクルマの試乗レポ。

日産ノートです。

ちょっと思惑外れた今日なのですが、

その顛末は以下で詳細に。。


スポンサードリンク

リーフ試乗モニターは……

当初の目的は、

1 泊 2 日のリーフ試乗モニターキャンペーン

その応募と説明を受けるために

ディーラーに行ったのですが、

このモニターに応募するためには

JAF 会員であること、または

試乗当日までの入会が条件とのこと。


ちなみにワタクシ、

「スバリストをお休み」する時に

JAF も退会しています。


ということで、

この会費(入会金と年会費で 6,000 円)を

払うのはどうかな……

という判断でモニターには

参加しないことにしました。

リーフ→ノート

転んでもただでは起きないこの私。

リーフについての説明をいろいろ

受けていると、私の利用用途なら

ノートの方がオススメという話に。


ちょうど試乗車があるということで、

是非に!と運転させてもらった次第。

グレード

e-POWER MEDALIST。

他に特別仕様車もありますが、

ノーマル系ではトップグレードです。

e-POWER とは

日産と言えば、といえるほど名前の通った

「e-POWER」は日産の電動系車に

与えられたシステム名。


1.2Lエンジンを搭載していますが、

その目的はもっぱら充電で、

走行メカニズムに関しては

純電気自動車のリーフと同じです。

※ミニバン「セレナ」も同じシステムです。

エクステリア

サイド、リヤはこんな感じ。

スタイルについてはガソリン車と

ほぼ共通でグリル、オーナメントなど

一部のパーツで差別化が図られています。

インテリア

メーター類、シフトレバーなどで

先進感を醸し出しつつも、

このクルマは 2012 年に登場した

モデルですので古さも感じます。

※ e-POWER 追加は 2016 年。

パーキングブレーキはレバー式です。

室内空間はガソリン車と

ほとんど変わりません。

駆動用のバッテリーは小型で

床下にコンパクトに搭載されているため

この空間を実現できたとのこと。

試乗!

では、試乗タイム。

リーフと同様、静かに

スルーっと発進します。


モーター駆動ですから

スムーズなのは当然なのですが、

関心するのは減速時。


ブレーキのタッチが

ごくごく自然なんです。

これ、当たり前のように感じる方も

いるかも知れませんが、

某 T 車のハイブリッドは

ブレーキング時の違和感は

いまだに払拭されていません。


バッテリー容量が低下したり、

パワーが不足してくると

エンジンがまわり出しますが、

その瞬間の振動は感じません。


今日は雨でしたので、

窓、屋根をたたく雨音の

せいかもしれませんが、

エンジン音は静かに感じました。


トヨタやダイハツのコンパクトと

同じ 3 気筒のエンジンですが、

あちらのような下品な音は

控えめとなっています。


ただ、静粛性については

やはり上級であるリーフには

一歩及ばずという印象です。

乗り味

以外に固めの乗り心地。

ただし、ボディ剛性を高めてあるようで、

不快なゆすられ感はあまり感じません。


リーフに比べるとバッテリーも

小さいせいか軽快さを感じます。

ディーラー周辺の試乗コースでは

必要十分なパワーを感じます。


そして、このクルマにも

アクセル操作だけで発進から停止まで

行えるシステムがついてます。


e-POWER Drive というそうで、

ドライブモードで「S」か

「ECO」モードを選択

することで使えるようになります。


運転間隔としてはリーフの e-Pedal と

まったく同じです。


これはやっぱり便利ですね!

価格は

気になるお値段は、

e-POWER 搭載モデルが 1,901,880円~。

ライバルとも言えるトヨタ アクア

(1,785,240 円~)より

少しお高めでありますが、


その差額は e-POWER Drive の

魅力分と考えれば個人的には納得。

現状では最適解かも

現在、自動車業界では

EV が今後を占うキーワード

となっています。


この「ノート」はガソリンエンジンと

モーターの組み合わせで走るので

大きなくくりではハイブリッド。


ですが運転感覚はほぼ EV。

充電環境が十分整備されているとは

言えない現在の状況では

いわば最良の EV と言うことが

できるかも。

願わくば……

今回の試乗を終えて、

やっぱり魅力的と感じた

e-POWER テクノロジーですが、

個人的にはノートの車格では

少し小さいかなと思ったのが

正直なところ。


この上のサイズですと、

セレナになってしまい、

あちらはミニバンですから

私の利用目的とも合致せず。


このシステムで Cセグメントの

ハッチバックとかワゴンが

あれば結構売れる気がするんですが。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ