先日(2019 年 4 月 10 日)に
国内販売復活を遂げました
T 社の SUV車「RAV4」の
実車に触れてまいりました。

「レイクタウン」の「トヨタ社モール」

場所は越谷にある巨大ショッピングモール
「レイクタウンmori」内にある
「トヨタモール」という
T 社ディーラー群が集結したエリア。

こちらのネッツ(東埼玉)店と、
カローラ(埼玉)店に展示車がありました。

グレード

2 台とも「ADVENTURE」という
グレードです。

発売早々多数展開されている
ネット記事や試乗動画などを
見ますと、T 社さん的には
どうやらこのグレードを
推して行きたい様子。

2L ガソリン搭載の 4WD モデルで
お値段は 3,137,400 円(税込)。

ちょっと高い?

上記の値段だけみるとちょっと高いかなぁ。
と思ってしまうところですが、
実車を見てみるとそれも納得はず。

その理由を以下では具体的に説明しましょう。

エクステリア

全長 4,610mm
全幅 1,865mm
全高 1,690mm

堂々たる体格です。
個性の強いフロントマスクは
好き嫌いがわかれそうですが
(ワタシは苦手な方面)、
全体からはこのクルマの
性格が感じ取れる好ましいものです。

※ ADVENTURE と他グレードでは
 若干顔つきが異なります。

インテリア

「ADVENTURE」はその名の通り、
アクティブ層に訴えかけるような
内装の色使いです。

差し色にオレンジをを使っているのは
どこかのクルマで見たことがありますが、
質感もほどほど高く、
かと言ってシンプルにまとめられています。

シート

フロントシートは「スポーティ」タイプだそうですが、
左右のサポート感は少しゆとりがあります。

もともとは米国向けということで、
あちらの方の体格に合わせてあるのかも。

後席もゆったり。
居住性については文句の
つけどころはありません。

荷室

荷室も広大。

ディーラー氏いわく、
「ゴルフバックが 4 つ入る」
とのこと。

ちなみに後席を倒した状態ですと
フロントシート後端まで 180cm 超の
スペースが生まれます。
ワタシのスキーもまっすぐ
積載可能です。

ただ、一点だけ、
後席を倒すためには後席背もたれに
あるレバーを操作しなければならない
というのはマイナス点。

最近のクルマには良くある
荷室側で操作できるレバーなどは
装備されません。

視界良好

そして運転席に座って関心したのは
全方向の視界が良好だったこと。

前方はボンネットがしっかり見え、
かつ、斜め後方の視界も
ピラー形状など死角をへらすべく
設計されているなど、

大きいなりのボディを
しっかりと把握できる
作りになっています。

これが視界最悪の「C-HR」と
同じ T 社が作ったものとは
到底思えないんですけど。。。

注目の快適装備

ファーストインプレッションは
このくらいにしておきますが、
最後に私が「いいな!」と
思ったのが「シートベンチレーション」。

これも「ADVENTURE」のみの
装備(シートヒーターとセットでオプション)と
なりますが、シート背面と座面に
風が通るという
もので汗っかきな私には
とてもありがたい装備。

スバルさんにも次期新型車では
ぜひ導入していただきたいと思います。

試乗は後日あらためて

ということで、
取り急ぎの実車チェックの
模様をお伝えしましたが、
おそらく近日中には
私も運転する機会がやってくる
思われますので、
第 2 弾の試乗レポートに乞うご期待!

したっけ。