滑走日誌 2018-19 No.14,15 箕輪

箕輪スキー場 の最終営業 2 日間に

お邪魔してまいりました。


スポンサードリンク

1 日目 – 2019 年 4 月 6 日(土)

スクールの皆さんと滑ろうということで

企画された今回の箕輪スキー。


本日は朝から強い風が。


スキー場に問い合わせてみると、

「Cリフト(中急斜面側)のリフトは

運転見合わせで多分動かない」

との回答。


ですが、とりあえず

向かってみることに。


結局動かなかったので、

緩斜面でしかも向かい風で

減速してしまう状況では

ありましたが、低速?の

研修を受けました。

ランチ

とはいえ、稼働リフトが

緩斜面のみでは一日滑ることは

むずかしく。。


ということで、午後早々に

撤退してランチは中ノ沢温泉街に

ある小西食堂さんへ。

2 回目の訪問ですが、

前回と同じスタミナラーメン。

こちらの品、トッピングは

中華麺にありがちな

パーコーではなく鶏の唐揚げです。

唐揚げ好きの私のためとも

言えるメニューです。


お値段は 900 円(税込)。

大変美味でございました。

そして、動向の友人が

オーダーした煮込みカツ丼。


こちら(画像失念)見た目は

普通のカツ丼なんですが、

味付けにソースを使用している模様。


ちょっと変わった味ですが、

これがまたくせになるんです。

次回があればこれを食べようと

心に決めた次第でした。

2 日目(2019年4月7日)

箕輪スキー場へリベンジ。

今日が最終営業日です。


幸いにして風は止み、

C リフトも運転されることに。



メイプルストリートで研修。

切替時の内足の使い方(たたみ方)を

重点的にトレーニング。


急斜面は気温上昇で次第に

荒れてきましたが、しっかり

足場ができ、無理のない

ポジションを掴んでくると、

それほど苦を感じることなく

楽しく滑ることができるように。

ランチ

午後も滑ることにして

ランチは「パノラマ」にて、

本日時点で営業してる共食施設は

ここのみ。


メニューはレギュラーシーズン同様に

そろっていたようです。

そんな中からオーダーしたのは豚焼肉丼。

お値段 1,000 円(税込)。

焼肉はレトルトでしょう。

価格分の満足感は得られません。


比較的新し目のスキー場は

食事について低レベルなところが

多いのが残念なところ。


この辺は我がホームの

猪苗代(特に ISK)や米沢スキー場が

素晴らしいと思います。

ちょこっとコブ攻略

午後はゲレンデ下部、

P・P コースにできていたコブを攻略。

上部は大きめで浅いコブ。

下部は深めという 2 種類が楽しめます。

雪質も程よくザケて、

コブに好適な状況。


でしたが、コブに入る前に

足元でゴリッという嫌な感触を

味わって意気消沈。


2 本ほど滑って整地へもどりました。

再び強風……

その後、しばらくすると、

ゲレンデ上部では強風が、

緩い斜面では風で減速されるという

昨日の悪夢再来。。


本来、リフト終了の 15 時まで

滑る予定が、この状況では……

ということで今日も早めの撤収と

なりました。

板の滑走面は……

滑走終了後滑走面を見てみましたが、

傷は浅めでエッジは無事、

ほっと胸をなでおろすのでした。

日本一のかけ流し温泉

滑走を終えたあとは、昨日に引き続き

中ノ沢温泉へ。

今回の目的はもちろん温泉です。

こちらの大露天風呂で

硫黄臭たっぷりの温泉を

味わいました。


こちらの温泉、

湧出量は毎分 10,000 リットルという

豊富さで、この露天風呂でも

がんがん掛け流されています。


この湧出量は実は日本一なんだそうです。

そんな記録もすごいですが、

硫黄臭強めのお湯も相当

満足度が高いです。


ただし、金属類は腐食しやすいので

入浴の際はご注意を。

もう一回?

ということで、

一泊のスキー旅行は終了。


今回は強風に泣かされた 2 日間でしたが、

自然相手ですからこんな日もありますね。


ということで、

再来週に予定されている

ファイナルスキーでは

有終の美を飾れることを

祈るばかりです。。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ