トヨタ C-HR の後方視界について

事前にお詫び。

今回はちょっと批判的な記事となります。


本日の業務で C-HR を

運転する機会がありました。

その時の印象をふとつぶやいたのが、



最近、割と高車格の乗用車に

乗れるのは嬉しい限りです。


さて、その「C-HR」ですが、

悪くないと思っていた私の

評価を覆す状況に

出会ってしまいました。


スポンサードリンク

街なか走行で

それはとある街なかの狭い道路を

走行している時。


この道路は繁華街に近く

今日は土曜日ということもあり、

クルマも人も多いという状況。


ここは歩道もなく

車道との区別は白線のみ。

車道は渋滞でノロノロ運転、

その脇を自転車が走るという状況。


交差点に差し掛かって

左折をしようとすると、

それまで左後方に並走して

見え隠れしていた自転車が全く

見えなくなりました。


死角に入ってしばらく同じ

速度で走っていたようです。


今回は事前に自転車の

存在を察知していましたので、

左折時には一時停止して

自転車をやり過ごして

事なきを得たのですが、

もし自転車の存在に気づかなかったら。


と思うと。。

視界<デザイン

ここに C-HR の限界を見ました。

これまでこのクルマに対しては

新しいプラットフォーム採用で

乗り味もなかなか良く、

そしてプリウスよりはかっこいい

ということで悪からぬ印象を

抱いていたのですが、

今回の件でその想いは崩れました。


デザインを優先するあまり、

劣悪と言えるレベルの後方視認性は

いかがなものかと。

おすすめできなくなりました

私は保守的なのかもしれませんが、

視界の悪いクルマに乗るのが嫌いです。


今回 C-HR で味わったのは

同じく後方視界の悪い

アルミバンのトラックと

同様の緊張感。


トラック運転はまだ仕事と

割り切ることができますが、

この緊張感をマイカーで

味わうとなれば…


と思いいたれば

このクルマを皆さんにオススメ

することはできません。


このクルマがほしい方は、

「多少の安全性を犠牲にしても

とにかくこのスタイルが欲しい!」

と確固たる信念のある方のみ。


「あ、なんとなくかっこいい」

という程度の気持ちで

このクルマを選ぶときっと

後悔すると思います。


どうしても気になるという方は

一度、街なかで試乗してみることを

オススメいたします。

したっけ。




クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ