SIA(日本プロスキー教師協会)の検定が変わりました

昔、ワタクシもお世話になった

スキー(その他スノースポーツ)教師の

団体である SIA (日本プロスキー教師協会)の

検定が今シーズンから新しくなりました。

[list]

検定といっても

今回の改定は一般向けの

技術検定(International Test)ではなくて

スノースポーツ教師を目指す方の

ための資格の方のお話です。

 

入会しやすく

ざっくり説明しますと、

これまでステージ Ⅰ~Ⅲ と

三段階だった資格が

同 Ⅰ~Ⅳの四段階になりました。

 

こちらの要項(PDF)を見てみますと、

どうやら新ステージⅠというのは

これまでのステージⅠよりも

ハードルを低く定めているようです。

 

その要件は、実技の

プルークボーゲンと基礎パラレルターン

の 2 種目の検定に合格すればよく、

基礎理論と指導実習については

講習、実習を受講するだけで

この資格を取得することができるようです。

 

また受験に必要な資格も

例えば新ステージⅠなら

セミシルバーかブロンズの

メダルを持っていれば良い

ということになりました。

(旧ステージⅠはシルバーが必要)。

 

さらに検定会についても、

旧ステージⅠについては

支部単位で行っていたものが、

新ステージⅠについては

スクールごとに実施することが

できるようになりました。

 

というように、

スノースポーツ教師の

門戸を広げる施策となっているようです。

 

新ステージⅠ検定種目

検定種目の動画が上がっていました。

この動画にはアルペンスキーの他に

テレマークスキー、スノーボードの

検定種目も収録されています。

 

これまでのステージⅠ~Ⅳは

ではすでに資格を持っている場合はどうなるかと

いいますと、先程の要項を見ますと、

旧ステージⅠ→新ステージⅡ

旧ステージⅡ→新ステージⅢ

という感じに移行するようですね。

 

あなたもスキー教師

ということで、

新たな資格についてまとめてみましたが、

上で書いた以外にも、

新ステージⅠについては

上級資格で必須となる

救急法の受講や単位取得が

不要だったりと

その条件もかなり緩和されており、

いわゆる普通の社会人でも

受け安くなったということが

言えると思います。

 

かくいうワタクシは、サラリーマン時代、

この単位取得がままならず

資格を喪失した経験を持つだけに

もっと早く制度化されていれば。

 

と思ってしまいます。

 

ともあれ、

この新たな施策が吉と出るか

凶と出るか、しばし

見守って行きたいと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ