【アーカイブ】2012 夏 北海道ツアー 5

5 日目:2012 年 9 月 19 日

本日はほぼ移動日です。

網走を朝に発つ石北本線の

普通列車に乗車し北見へ。

 

乗り継ぎとなる特快「きたみ」の

発車時刻までまだまだ余裕があるので、

朝食を調達も目的としつつ

北見駅周辺の街をぶらり。

 

ここでも過去の鉄道遺構を

探してみます。見つけたのは

駅近くの跨線橋からの風景。

DSC05482_R

右は旭川方面に向かう石北本線の線路。

そして、左の引き込み線らしき線路は、

旧池北線(廃止時はふるさと銀河線)

だったものです。

 

上の画像の奥に見える橋の下に移動してもう一枚。

DSC05504_R

先ほどと反対側(網走方)を向いています。

線路が途切れていますね。

 

すなわち、私がカメラを構えている場所は、

昔は線路だったところです。

 

ここから旧線路沿いを少し歩くと、

複数の鉄道車両を置いてあるのが見えました。

DSC05490_RDSC05494_R

これらの車両は一般の方が

所有しているようです。

ちょっと痛みが激しいですね。。

 

結局、駅周辺でめぼしい

お店は営業しておらず、

朝食はセコマの焼そば(唐揚げつき)を購入、

駅のベンチでかっこむことに……

DSC05478_R

 

さて、旅を続けます。

DSC05507_R

特快「きたみ」に乗車します。

特急に匹敵するスピードを

誇るこの列車で一気に旭川へ

移動します。

 

旭川からは効率よく移動するため

特急で「ワープ」。

DSC05524_R

深川まで 1,220 円の追加です。

この頃はまだ 130km/h でガンガン走っていた時代です。

 

深川からは留萌本線に乗車します。

 

※留萌本線の末端区間(留萌~増毛)は 2016 年度中の

廃止が決定となりました……

DSC05532_R

留萌からは日本海を車窓に見ながら、

DSC05533_R

こんな駅(礼受:れうけ)や、

DSC05535_R

さらに質素なこんな駅(阿分:あふん)を見ながら、

終点の増毛駅に到着。

DSC05540_R

 

DSC05543_R

このままこの列車で折り返しますが、

少し時間があるので周辺を散策。

 

この増毛にはかつて母方の生家がありまして、

駅前の趣のあるこちらの旅館(今は廃業)は

母の友人宅です。

DSC05546_R

 

もう少し歩いてランチスポット探し。

増毛でのグルメスポットはいくつか知っていますが、

今回は比較的新し目のラーメン屋さんに行ってみることに。

DSC05553_R

増毛といえば甘エビが有名。

ということで、甘えびみそラーメンを注文。

スープいっぱいに広がる香ばしいエビの香り。

かつてない味ですがなかなか美味でした。

 

腹ごなしにさらにぶらり。

 

ジンギスカンを決まって買っていたお肉屋さんや、

DSC05559_R

地元民御用達のスーパーなどをめぐりました。

DSC05558_R

この「増毛スーパー」さんは 2014 年に閉店したそうです……

 

そろそろ駅に戻って、旅の再開。

往路で撮れなかった恵比島駅も収めることが出来ました。

DSC05576_R

駅舎っぽく見えるのは NHK ドラマの撮影で

使われたセット(明日萌駅)で、

本当の駅舎はそのかたわらに

ひっそりとあります。

 

深川に戻ってきました。

 

次に乗るのは函館本線の上り普通列車。

時間があるので深川駅周辺を散策。

DSC05585_R

特にめぼしいところはなく…

 

札幌に着く頃はすっかり夜に。

今宵のお宿であるすすきのまでは

街をみながら歩いて行く事に。

DSC05591_R

旧北海道庁

DSC05592_R

大通公園ではテントが立ち並んでいました。

イベントが開催されていた模様です。

 

夕食はお宿(カプセルホテル)内のお食事処で。

DSC05597_RDSC05599_R

風呂あがりのビールと、

可もなく不可もなくの唐揚げが

北海道最後の晩餐となりました。

 

つづきます

えきねっと びゅう国内ツアー 伊豆の旅

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “【アーカイブ】2012 夏 北海道ツアー 5”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ