個人事業主たる私にとって

憂鬱になる時期がやってまいりました。

そう、確定申告であります。

 

目下、書類作成中のこの頃ですが、

ときどき話題になるマイナンバーとの

関連について少し思うところを

述べてみたいと思います。

マイナンバー必要?

実は昨年の確定申告から、

申請書にはマイナンバー記入欄があり、

法律的にも「必要」ということに

なっています。

(合わせてマイナンバーカードのコピー添付が必要)。

 

が、抜け道がありまして、

この法律には罰則がありません。

 

さらには、国税庁のQAサイトにも

こんな記述があります。

Q2-3-2 申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号を記載していない場合、税務署等で受理されないのですか。(平成29年9月7日更新)

(答)

税務署等では、社会保障・税番号<マイナンバー>制度に対する国民の理解の浸透には一定の時間を要する点などを考慮し、申告書等にマイナンバー(個人番号)・法人番号の記載がない場合でも受理することとしていますが、マイナンバー(個人番号)・法人番号の記載は、法律(国税通則法、所得税法等)で定められた義務ですので、正確に記載した上で提出してください。

 

上記の「一定の時間を要する」のが

どれくらいかは分かりませんが、

 

すなわち、現状では記述しなくても

(マイナンバーのコピーを添付しなくても)

受理はしてくれるということです。

 

電子申請では…

その一方で電子申請(e-tax)による方法では

既にマイナンバー記載をしないと

提出できない仕様になっています。

 

私は開業時から e-tax 申請ですから、

お決まり通り去年からマイナンバーを

記載しています。

 

※ただし、電子申請の場合、

マイナンバーカードのコピー添付は不要。

 

そのメリットは?

マイナンバーの導入によって

お役所側にはあらゆる

手続きの簡略化というのが

そのメリットにあるようですが、

こちら側の視点でみると現状それは皆無。

 

記載の手間が増えただけです。

ここが一番腹立つ理由。

 

この「使えない」仕組みのために

どれだけの税金が投入され、

また私たち納税者に手間を

強要されたことか。

 

なので、これに納得できない

アナログ申請の方は

強固な意思を持って

記載、提出を固辞してくださいね。

 

電子申請で控除額増額

以下は関連話題です。

 

2020 年 1 月の申告からは

青色申告特別控除の額が

10 万円減額されることに

なったようです。

 

ただし、電子申請では

10 万円増額されるそうで。

 

簡単に言うと、電子申請すると

控除額据え置きとなり、

そうでない場合は10 万円

控除が減らされてしまうということです。

 

来年(2019年)度からは

電子申請開始のための手続きが

簡略される方向にあるようですから、

アナログ申請派のあなたも

そろそろ動き出す時期に

きているのかもしれませんね。

 

申告はお早めに……

最後に、「宿題はためてやる派」の

私から一言。

何事も面倒なことは早めに済ませた方が

良いようですね……

 

したっけ。