2018年春、土浦に自転車乗りのオアシス誕生!

まだまだスキーシーズンですが、

今回も自転車の話題を。

 

土浦駅ビルリニューアル!

土浦駅ビル「ペルチ土浦」が

この程スタイルを一新し、

サイクリスト向け施設などを充実

させてリニューアルオープン。

 

その名は「PLAYatre」。

 

第一期オープン日

2017 年 3 月 29 日(木)に

まずは地下一階、一階をリニューアルして

「りんりんスクエア土浦」や

サイクルカフェなどが

オープンするとのこと。

 

※ オープンを記念して

2018年 3 月 31 日(土)、4 月 1 日(日)に

イベント「PLAYatré OPENING BIKE FES」

の開催が決まりました。

 

会場は土浦駅西口前の広場で

開催時間は両日とも 10:00 ~ 17:00 です。

 

内容は

各自転車メーカーのロード・クロス・e-bikeなどの最新モデルが集結し、
自転車の性能を体感できる試乗コーナーや、イベントステージ、ライドツ
アー、補助輪外しキッズスクールなど、体験型のスポーツバイクフェステ
ィバルです。

とのこと。

 

ライドツアー(無料)は事前予約が必要です

(定員達成で既に受付終了……)。

 

りんりんスクエア土浦

この施設には以下の設備が

できるそうです。

  • レンタサイクル
  • シャワー、ロッカー、更衣室
  • サイクルショップ
  • 修理・メンテナンス・洗車サービスコーナー
  • 輪行車の組立て・セルフメンテナンス用ワーキングスペース
  • サイクリストや地元客向けのコミュニティゾーン

 

サイクルカフェ

りんりんスクエアと同フロアには

自転車ブランドとしてお馴染みのビアンキと

タリーズコーヒーがこらぼした

カフェもオープンするとのこと。

 

どんな形態となるのか

こちらも楽しみですね。

 

新規施設続々オープン!

そして今後は上層階に

STATION LOBBY TSUCHIURA、

LOCAL FOOD MARKET などの

供食施設が、さらにその上層階には

サイクリングホテル(仮)がオープン予定。

 

駅ビル再生の試金石としても

目のはなせない内容になっていますね。

 

オープン記念の臨時列車

施設オープンを記念して

2017 年 4 月 22 日(日)には

ライドイベントが開催されます。

 

土浦から真壁まで「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の

一部を走る往復約 60km のコースで、

随所でご当地グルメを味わえる

という楽しそうなイベントです。

 

この区間は旧筑波鉄道線の

線路跡を走ります。

いたるところに鉄道遺構も

あったりしますので、

「鉄分」濃いめな方にも

オススメできる

イベントになっております。

 

このイベント参加者に向けて、

上野~土浦間で団体専用の

臨時列車「つくば山桜ライド」号も

運転されるとのこと。

 

参加費用は臨時列車運賃など

コミコミで 6,000 円。

 

また、現地集合

プラン(3,000 円)もあるようなので

お近くの方はお気軽に

参加できそうなイベントでもありますね。

 

詳細はこちら(PDFです)。

 

サイクリング天国へ

今春からいろいろ盛り上がりそうな

茨城県であります。

そろそろ私も帰省がてら

自転車を持って出かけてみましょうか…

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “2018年春、土浦に自転車乗りのオアシス誕生!”

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ