携帯ポンプを買い換えました

最近自転車熱が冷めつつあるので、

「パーツを買い換えたりしながらその熱を復活させる作戦」発動。

 

まずは、携帯ポンプをリニューアル。

 

自宅に到着後、早速装着!

と思いきや、取り付けボルトの長さが不足し、

ボトルケージとの共着ができません。

 

ということで、追加でボルトを購入し、

ようやくインストール。

 

装着イメージがこちら。

IMAG3187_R

バイクはピナレロの FP2(2009モデル) です。

 

ちなみに、これまで使っていたのはこれ。

IMAG3189_R

携帯ポンプは必需品ということで、

FP2 と一緒に買ったもので、

深いことを考えずにサイズと値段で決めました

(パーツにあまり予算をかけられない事情もありまして)。

 

それぞれ別に撮影してしまったので直接比較が難しいですが、

今回のポンプは一回り大きく、そして若干重くなっています。

 

従来のポンプですと、バルブに直接接続する形になるため、

ポンピングで力を入れる度にホイールに力が加わってしまう

という欠点がありました。

 

が、今回のポンプは、

ゴムチューブを介して接続する形式なので、

この心配がなく、思い切りポンピングできます。

 

また、小さいですがゲージもついています。

どれだけの空気が入れられるかは未知数ですが、

私の現在の乗り方ですと、

こいつの出番が年に一回もない頻度なので、

こんなもんでいいかなという気持ちもありました。

 

ということで、装着したところまでが

今回のインプレッションです。

 

実際の使用レポートにつきましては、

運良く?その時が来ましたら改めてお伝いしたいと思います。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ