猪苗代スキー場の新施設・営業体制など 2017-18

我がホームゲレンデ

猪苗代スキー場

いよいよ明日より

オープンすることとなりました。

 

今年は一部規制箇所は

あるものの予定通り

オープンとなります。

 

さて今回はゲレンデのコースや

リフトの営業内容などについて

主に先シーズンとの違いについて

書いていきたいと思います。

 

中央エリア

まずはゲレンデマップを

(この画像は公式サイトから拝借しております)。

 

新設コース

パーク復活!

まずはかねてからアナウンスが

あった通り、パークが復活します。

 

しかも上部と下部の 2 箇所。

上のマップで言いますと

10、19 番のコースです。

 

「ハイブリッド」と言うのは

地形とアイテムを活かしている

ところから名付けたようです。

 

下部にある「ベースパーク」は

ナイター照明がありますので、

夜も楽しむことができます。

 

東ゲレンデファミリーコース

こちらも新設とありますが、

かつてはコースだったところが

復活します。

 

コースマップでは 15 番。

 

木々に囲まれたところに

ありますので

プライベートゲレンデ

気分が味わえそうです。

 

ナイター営業

今シーズンは金、土と

祝前日のみの営業となります。

先シーズンに比べて

かなり営業日が減りますね。

 

平日の仕事が終わった後に

一滑り……

というのが金曜日、

祝前日以外できなくなります。

 

まぁ、私はほとんど

ナイターで滑らないので

いいっちゃいいんですが……

 

レストハウス営業

3 箇所ある施設のうち、

レストハウスいなわしろ、

レストランさんすいが

週末(年末年始)のみの

営業となります。

 

先シーズンは

レストハウスいなわしろ

も前日開いていたんですけどね……

 

ミネロエリア

こちらもマップからどうぞ。

 

新設コース

ミネロウェストコース下部と、

レストハウス一部エリアに

キッズランドが新たに設けられます。

 

スライダーなど遊具がいくつか

設置されるようです。

 

このエリアは入場料 1,000 円が

かかるとのことです。

 

朝ミネロ

12 月 24 日から毎週日曜日は

6:30 からリフトが運行されます。

 

通常の一日券では

滑れず別料金となります。

 

ただし、シーズン券を持つ

私は追加料金ナシで

滑れるようですので、

機会があれば一度くらいは

早起きして行ってみようかと

思っております。

 

リフト運行体制

マップを見ておや?と

気づいた方もいらっしゃると

思いますが、

今シーズンミネロ第 2 リフトは

営業しないようで、

マップからキレイに

なくなっております。

 

また、これが非常にショックなんですが、

赤埴大回転コースを滑るための

第 4 リフトと中央エリアからの

連絡に必須となる第 3 リフトが

週末運行となってしまいました。

 

これ考え直してもらえませんかね。

 

特に第 4 リフトについては

恐らく地元のコブフリークさん

達からもブーイングと

なることは必至です。

 

来季はパワーアップ!となるように

ということで、

新コースができる一方で、

営業縮小となるところが

出てきたのは残念です。

 

もっとお客さんを

呼んで、来季は

もっと充実したものと

なるように私も

頑張りたいと思います。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

One Response to “猪苗代スキー場の新施設・営業体制など 2017-18”

  1. […] 関連記事:猪苗代スキー場の新施設・営業体制など 2017-18 […]

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ