イライラ待ち合わせ解消?Google マップの現在地共有機能

今回は、

 

お、これは便利かも!?

 

というお話。

 

この度、スマホアプリ「Google マップ」に

リアルタイムで位置情報を共有できる

新機能が追加されました。

 

今、自分がいる場所をリアルタイムで

共有できる機能です。

 

Google マップアプリから

サイドメニューを開くと

こんな画面が出てきます。

ここで「現在地を共有」をタップして、

場所を共有する時間の長さと

共有する相手を選択します。

 

共有された相手は

Google マップ上でその人の

リアルタイムの位置情報を

得ることができるというもの。

 

過去にも同じようなものはありましたが、

共有相手にも特定のアプリを導入しておく

必要があったりして使い勝手が良いとは

言えませんでした。

 

 

また、位置情報を共有する相手には、

基本的には常にその情報を公開している

という状態になってしまいます。

 

というデメリットがあったのですが、

今回は以下のように解消されています。

 

まず、共有方法は多岐に渡ります。

メールに添付することも出来ますし、

SNS (例えば LINE)にて共有することも

できるなど対応幅はかなり広がっています。

 

 

さらに、共有する時間を

自分で任意設定できるということですね。

 

この位置情報を受け取った人は、

離れた場所にいる場合、

Google マップ上でその場所まで

のルート探索もできてしまいます。

 

と、便利さいっぱいのこの機能、

どんなシチュエーションで使えるかと

いいますと……

 

まずは、間もなく訪れるお花見シーズン。

花見会場に先乗りして場所取りをした人が、

あとから来る人に花見会場を教える。

 

とか、

 

複数台でドライブする時に、

位置情報を共有しあう。

 

なんて使い方もできます。

 

とにかく工夫次第で、

いろいろな用途に使えると思います。

 

この「Google マップアプリ」は

Android スマホには標準搭載されています。

 

iPhone でも AppStore で最新版を

ダウンロード、インストールすることにより

この機能が利用が可能です。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ