猫魔のリフト事故とその後の対応について

ちょっと看過できないスキー場での事故について。

 

まずはこちらのツイートをご覧ください。

1 月 8 日に猫魔スキー場で

リフト脱索事故が発生しました。

 

新聞記事によりますと、

強風であおられた下り搬器が上り搬器に

衝突して停止したとのこと。

 

1 時間後に乗客は全員救助され、

けが人などもいなかったのは幸いでした。

 

思えば私がイントラとしてこもっていたときも

こんな事故を起こしてます。

 

当時、私達スクールスタッフも総出で

救助作業に駆り出された思い出が蘇ります。

 

ところで、結構大きな事故だと思うこの事象について、

関するスキー場サイドの対応を見てみると、、

 

2017/01/10 17:39 現在、公式サイトを見る限り、

事故に関する記述、お詫びなどはなく、

ゲレンデ状況には「ほぼ全面滑走可」などと

しれっと書かれています。

 

当該リフトについては、

雄国第1リフトA線は安全確認、設備点検のため運休しております。

と書かれているのみ。

 

この事故を公にしたくないなぁという

中の人の魂胆がミエミエです。

 

リフトの安全運行を第一に考えるスキー場として、

この対応はいかがなものかと思います。

また、このトリプルリフトは猫魔スキー場の

メインコースと言えるダルジャンセンターに

かかるリフトですから、これが動かないと

魅力半減と言っても過言はないと思います。

 

これを止めておいて、「ほぼ全面」は

ないなぁと思ってしまうわけで。

 

「臭いものには蓋」のごとくな

今回の対応はとても残念に思えます。

 

現在、このスキー場を運営しているのは

あの名だたる星野リゾート。

 

宿泊施設の運営では一流かもしれませんが、

もう一つのゲレンデであるアルツ磐梯を見ても

こちらの運営には疑問点がつくところが

多いです。

 

星野さんに私が成長させていただいた

母なるゲレンデをどんどん汚されている

ようで、なんとも悲しい気持ちになる今日

このごろなのであります。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ