猪苗代スキー場で滑ったあとに
温泉でさっぱりしたい!
というあなたのための記事です。

スキー場周辺で日帰り入浴可能な
施設について調べてみました。

猪苗代観光ホテル

スキー場西側にある葉山ゲレンデに
隣接する宿泊施設。

温泉は「はやま温泉」で
入浴料は大人 700 円。

※ ネット情報は 500 円というのが多いですが、
 今シーズンから値上げしています。

猪苗代四季の里

ゲレンデから少々距離がありますので
クルマ移動が必須です。

もともとは公営?施設だったようです。
こちらでも日帰り入浴可能。

温泉は自家源泉で「はやま温泉」に
比べても濁りが強く身体が良く
あたたまる印象。

価格は数シーズン前ですが大人 700 円。

今シーズンの営業については、
要問合せ(0242-63-1616)。

リステル猪苗代

こちらもゲレンデからは少々距離が。
大規模な宿泊施設で
自家源泉の大浴場も
2 フロア(露天・内風呂)と
ありかなりの広さです。

日帰り入浴可能時間は
10:00 ~ 17:00。

料金は大人 1,000 円、子供 500 円。

昔はもっとありました

センターハウス

猪苗代スキー場の「センターハウスばんだい」は
もともと宿泊施設だった建物。

当然大浴場もありまして、
宿泊業務廃止のあとも
しばらく日帰り入浴可能でした。

ですが、数年前から営業を
中止してしまい現在に至ります。

幸陽の杜

こちらも中央エリア。
この建物の 3F に温泉大浴場がありましたが
水回りのトラブルで営業休止中。

※ 温泉施設を修繕させる?との噂も。

ヴィラ・イナワシロ

中央ゲレンデ最寄りの宿泊施設。
こちらは温泉大浴場がありますが、
2021-22 シーズンは
「感染症拡大防止のため」
ということで日帰り入浴は中止に。

少々お粗末

現在、ゲレンデそばで
日帰り入浴可能なのは猪苗代観光ホテルのみ。

週末などは人が殺到しており、
脱衣所が少々手狭な印象も。

ということで、
日帰り入浴可能は温泉という
観点で見ますと少々貧弱と
言わざるを得ません。

新しい経営体制となった今、
この辺のサービス拡充も期待したいところです。

したっけ。