高崎線またもや信号トラブルで長時間運休

本日のニュースより。

JR 高崎線で始発列車から午後 3 時頃まで

およそ 10 時間にわたって運転見合わせとなりました。

 

原因は信号設備トラブル。

それも一つではなく、

信号ケーブルの切断に始まり、

その後、信号システムも段階的にトラブルが発生した、

ということのようです。

 

あれ、そういえば 3 月にも

大々的に止まってますよねこの路線。

 

その時の反省は生かされていないのでしょうか。

こういうトラブルの度に思うのですが、

JR 東日本(他の日本の鉄道会社も概ねそうですが)、

一つのシステムがダウンした場合、

それを補完できるようにはなっていません。

 

なのに、システムダウンした時の応急対応というのも

実にお粗末なようで、結局のところ、

今日もほぼ半日、電車を止めることになりました。

 

この件で、様々な人に影響が及んだことと思います。

ですが、JR から乗客に対しては「お詫び」のみ。

あとで国土交通省から若干のお咎めがあるでしょうが、

もっとペナルティを与えていいんじゃないでしょうか。

 

といっても、実は

現在でも運休による定期券の

払い戻し(または有効期間延長)

のルールはあるのですが、

これが適用されるのは 5 日間以上運休した場合。

 

しかも振替輸送を実施した場合は、

運休とみなされませんから、

このルールが実際に活用されることは

ほとんどないと行って良いと思います。

 

まずは、このルールを替えるところから初め、

例えば半日以上列車を止めてときは

払い戻しの対象にするとか、

もっと厳しいルールを適用した方が

良いと思います。

 

となると、

親方日の丸体制の抜け切らない

JR も対策に本腰を入れることでしょう。

 

適切な手を打っておかないと

また「上尾事件」のような暴動が

起こるかもしれませんよ、JR の皆さん。

 

最近、私は電車通勤をしていないので、

被害を受けたわけではないのですが、

過去にはなんどかこういう経験をしているものとして

あえて言わせていただきました。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ