今日が最後「ヤマザキナビスコ」と「北海道スパー」

今日 8 月 31 日を持ってなくなるものがあります。

 

まず、「ヤマザキナビスコ」。

モンデリーズ・インターナショナル・インク社との

ブランド契約が終了することにより、

「ナビスコ」を返上し「ヤマザキビスケット」という

社名になります。

 

あわせて、ヒット商品だった、

「リッツ」や「オレオ」という商品生産から撤退するとのこと。

 

※これらは中国系の別会社で継続生産されるらしいです。

 

ただ、この会社の売れ筋である「チップスター」などは

オリジナル商品のためブランド変更となる 9 月 1 日以降も

継続して生産、販売されるとのことです。

 

もう一つは「スパー」というコンビニ。

こちらはオランダ由来。

当初はスーパーマーケットとして日本に進出し、

一時は全国的にコンビニを展開していました。

 

その最後の砦となったのがセイコーマート系の

「北海道スパー」。

 

道内でコンビニを60店舗(2015年12月現在)展開していましたが、

店舗数減などを理由に本日契約を解除し、

「ハマナスクラブ」に転換、一部店舗は「セイコーマート」へ

または、そのまま閉鎖となるようです。

 

時は遡って中学生時代。

地元茨城にゆかりのあるスーパーの

関連会社として「スパー」が近所に

数店舗あり、部活帰りなどよく立ち寄った

記憶もあります。

 

そんなお店もすでに閉店していしまって

いるのですが「スパー」という名前が

消えてしまうのは一抹の寂しさを感じます。

 

これも時代の流れといえばそれまでなんですが。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ