それでも「投票に行かない」と言う人達へ

本日ネタ切れに付き、私の思うことについて。

 

間もなくやってくる 7 月 10 日(日)が参議院選挙の投票日です。

当日は台風 1 号が襲来!?なんて予想も出始めておりますので、

そろそろ期日前投票に出かけておこうかと思っております。

 

さて、選挙について。

なんだかんだ理由をつけて投票に行かない人がいますよね。

代表的な「選挙に行かない理由」について私の意見を述べてみます。

 

「投票する人がいない」

実際問題「○○さんに投票したい!」

なんて人はあなたの選挙区にいないかもしれません。

 

そんなときはじゃぁ「行くのやめよう」ではなくて、

消去法で投票者(党)を選んで投票してみて欲しいのです。

 

そんな時に助けとなる「政党との相性診断」というサイトがあります。

 

「投票しても変わらない」

私を含めた若い世代にはこんな考え方が蔓延していることもあり、

投票率が低いようです。

 

若い世代の投票率が低いとなれば

世の政治家さんたちはそんな世代に向けて

一生懸命働こうと思いますか?

 

そんな世代に働きかけたことで、

票に結びつく確率が低くなるわけですから、

おざなりになるのは当然です。

 

同じ考え方の方が投票しない(特に若い世代の方)せいで、

いまこの日本はいわば「年寄りたちのやりたい放題」です。

そんな政治にブレーキをかけるのは私達若い世代です。

 

若い世代の棄権に関しては、

「何も変わらない」では済まないという

こんな統計結果も出ています。

 

上を端的に表すと、

「若年世代は 1%の投票棄権で約135,000円損をする」

というものです。

 

つまり「投票しても変わらない」なんて諦めの気持ちをもってしまって、

「投票しないから変わらない」ばかりか状況は悪くなるばかりなんです。

この辺は肝に銘じておく必要があるでしょう。

 

と、いろいろ述べてはみましたが、

 

こんな後付な理由は置いといて、

私が投票をおすすめする理由は

「行ってみると意外と楽しい」から。

 

これまで投票行動を起こさなかった人は、

行くだけで新しい経験ができるわけです。

 

あの独特の雰囲気、緊張感とでもいいますか、

アレはなかなか経験できないもんです。

一度は経験しておく価値はあるかと。

 

また投票後の選挙番組も当事者感覚が

高まってわくわくしながら見ることができます。

 

 

あと、こんな感じでちょっと得することもありますよ。

 

こんな私の戯れ言がどれだけの人に届くがわかりませんが、

この記事を見て「投票に行ってみるか!」と

思いを新たにしてくれる方が少しでも増えれば幸いです。

 

「追伸」

投票日前日である 7 月 9 日は記念すべきワタクシの誕生日であります。

お祝いの言葉、プレゼントなどお気軽にお寄せください……(笑)

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ