電気風呂の仕組みと効能

本日はオフ。

最近は深夜の力仕事が連続、、ということで、

その疲労を癒やすべく近所の温泉に行ってきました。

 

通常の入浴&岩盤浴といういつもはしない豪遊コースを

堪能したわけですが、今日は久しぶりに「電気風呂」にも入ってみました。

すると、従前よりピリピリ感が強いような印象を受けました。

もしかしたらカラダが弱っている所は刺激を強く感じるのか?

 

という疑問が湧いたので、

ついでに色々調べてみることにしました。

 

まず、電気風呂とはなんぞや?

我が近所の日帰り湯にあるのは、こんなタイプ

(画像は別のお風呂屋さんです)。

 

ちょうど人 1 人が腰掛けるスペースの両脇に

電極が埋め込まれ、ここから低周波(3~10V程度、20mA)の

電流を流す、という仕組みのようです。

 

電圧、電流は可変で、関西方面では高く、

関東では低いという「西高東低」型とも言えるのが

一般的だそうです。

 

恐らく設定電圧は変えていないと思われるのですが、

最近腰回りのだるさを感じていましたので、

まさにこの辺の刺激が強く感じたところから、

本来人体に流れる微弱な生体電流となんらかの

関連があるのではないかということが想像されます。

 

今日はその刺激の強さにより、

1 分と耐えることができませんでしたが、

お風呂設備のサイトを見ると、

やはり長時間入るのはよろしくないらしく、

3 分を限度としているようです。

 

また、電気風呂に入ってはいけない病気などもあり、

特に心臓のペースメーカーを使用している人は、

この電流が影響を及ぼす可能性があるようで、

「ご利用をご遠慮ください」ということになっています。

 

で、その効用について。

いくつかサイトを見てみたのですが、

具体的な効用は挙げられていないようです。

 

ただ、電流によって血行が良くなるのでは、

というニュアンスで書かれているところが幾つか見つかりました。

 

すなわち、直接的な効果は薄いとしても、

血行促進による疲労回復などにはそれなりに効果が

あるともいうことができそうです。

 

ということで、

なんとなーくですが疑問が解決したところで、

今日は早めにお休みしようかと思う次第であります。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ