流鉄流山線全駅下車の旅

本日もお休み。

午前中はまったり、午後一でラーメンを食べたあと、

近場での鉄旅を目論んだ次第です。

 

ターゲットは流鉄流山線

今年の 3 月で開通 100 周年を迎えた歴史ある小路線です。

 

スタートは平和台駅から。

DSC00286_R

 

短い路線なので、全駅で乗降チャレンジ。

ということで、出札口で一日乗車券を購入。

DSC00287_R

全線(といっても 5.7km ですが)乗り放題で 500 円。

因みに、馬橋から流山まで全線乗り通しても 200 円ですから、

単純往復で元を取ることはできません。

 

券面にはなにやらコミック風イラストが。

帰宅後に調べてみたら、流山線開業 100 周年として、

コミックとコラボしていたらしいですね。

 

とりあえず、駅のホームで待ち、

最初に来た列車に乗ることに。

 

やってきたのは下り列車。

ひと駅先の終点、流山駅に向かいます。

DSC00291_R

まず乗車したのは 5000 形「なの花」。

元は西武の新 101 系で、現在、流山線を走る車両は

この形式に統一されています。

 

この時間帯はこの車両と「流馬」が行ったり来たりしていました。

DSC00314_R

「流馬」はこんな色

 

DSC00297_R

駅を出ます。

「なの花」の折り返し列車は数分で発車するのですが、

見たいところがあったので次の列車に乗ることに。

 

まず一箇所目。

DSC00304_R

駅から続く不自然にカーブした道。

これはこの先にある工場(現 流山キッコーマン)に向かっていた

引き込み線(万上線)があったところだそうです。

 

そもそもこの引き込み線と流山線との歴史は

切っても切れないもので、この工場への原材料や、

工場からの完成品(主にみりん)を運ぶため、

というのが流山線敷設の理由です。

DSC00306_R

道の傍らに案内板

 

1969 年に引き込み線は廃止となり、

1977 年には流山線自体の貨物輸送もなくなりました。

それからは地域住民の足として活躍しています。

 

ところで、当地流山は「白みりん」の発祥地であるそうです。

 

さて、ちょっと話がそれたところで目的地 2 箇所め。

DSC00308_R

近藤勇陣屋跡です。

流山は戊辰戦争時に一時的に新選組本陣が置かれたそうです。

この時、官軍に包囲され、近藤勇は捉えられ(その後板橋で処刑)たとの

ことですが、当地が土方歳三との別れの地であったと言われています。

 

2 つ回ったところで、

電車の発車時刻が迫ってきたので駅に戻ります。

馬橋行きの電車に乗り、次に降りたのは鰭ヶ崎。

「ひれがさき」と読みます。

DSC00315_R

駅周辺をふらっと散歩して次の列車を待ちます。

特に見どころはありませんでした。

 

お次は小金城趾。

DSC00320_R

全線単線の流山線で唯一列車交換ができる駅です。

 

小金城趾とされる歴史公園まで歩こうとしましたが、

少し距離があったため、手前の緑地で引き返し。

DSC00324_R

大谷口馬屋敷緑地

 

ところで、この駅は

かつては県営住宅がたっていて

その 2 階部分が駅の入口を兼ねていましたが、

その住宅は取り壊され更地になっていました。

DSC00323_R

 

お次は幸谷(こうや)。

こちらも住宅(マンション?)の 1 階に駅があります。

DSC00328_R

常磐線、武蔵野線が交差する新松戸駅のすぐそば。

駅前の賑やかなところにひっそりと駅への通路があります。

DSC00331_R

 

ここは昔通い慣れたところなので、

周辺の変化があまりないことを確認して

駅に戻りました。

 

そして、起点の馬橋。

DSC00333_R

常磐線とは跨線橋で連絡。

一応独立して駅はあります。

 

ここも折り返し電車を見送って

駅周辺を散策してみます。

 

西口にはかねてから気になるこんな会社。

DSC00338_R

 

東口をでると立派なお寺さんがありました。

萬満寺(まんまんじ)というそうです。

DSC00340_R

山門

 

DSC00343_R

本堂

 

このお寺は建長八年に小金城主が、

真言宗大日寺として開いたのが始まりとされています。

 

ここをお参りして下りの電車に乗り、

平和台に戻って本日のショートトリップは終了。

 

半日に満たない時間でしたが、

なかなか充実した楽しい時間を

過ごすことができました。

 

最後に、このブログには

書ききれませんでしたが、

流山とみりんの関係については

こんな書籍が参考になるかもです。

 

したっけ。

One Response to “流鉄流山線全駅下車の旅”

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ