これからどうなる?どうする?JR北海道

本日はこんなエントリー。

 

「北海道」と「鉄道」をこよなく愛する

私には大変つらい話題です。

 

JR 北海道の 2016 年 7 月 29 日の

リリースにこんな表題のものがありました。

 

「持続可能な交通体系のあり方」について

 

詳細はリンク先(PDFファイル)をご覧いただくとして、

これを読んで見ての個人的感想などを述べてみたいと思います。

 

まず、

「うちとしてはもうどうしようもない」

とでも言いたげに、その言い訳の列挙に

終始しているという印象を強く感じました。

 

さらにまとめると、先の一文に続いて、

 

「不採算路線は首尾よく手放したい」

 

とでも言いたげな様子が随所から感じられます。

 

具体的には、

インフラを自治体でJR は運行のみ

とか、

バスなどへの転換

 

などを柱に書きつつ、

段階的には駅の廃止や列車運行効率の向上、

など、こまごまとしたことも書かれていますが、

結局のところは「助けてください。もうお手上げです」と

言っているようなもの。

 

でもちょっと待って下さい。

 

札幌駅前にあるでっかいタワー、

あれってそんなに豪勢に

する必要あったんですか?

 

落成当初(2003 年 3 月)は北関東以北で

最も高い建造物だったそうです。

 

当時もそれほど儲かっていなかった

はずだと思うんですけど、

そこまでお金を使った理由が

一体どこにあるのでしょうか。

 

こんなびるこの資料をみて想像したことは、

JR 北海道には未だ国鉄的考え方が

はびこっているんではないかということ。

 

このままの体制では、遅かれ早かれ

新幹線を除いて、札幌圏以外の鉄道は

なくなってしまうことは間違いないでしょう。

 

社内の自浄能力はもうないようですので、

第三者(JR 東日本)からの大きなテコ入れ

が必要だと思うのは私だけでしょうか。

 

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ