京急の醍醐味はやっぱり快特!

今日はお仕事で横須賀(堀ノ内)へ遠出。

例によって滞在時間はごくわずかでしたが、

帰りは京急の列車旅を堪能することにしました。

IMAG2431_R

京急と言えば赤い電車

 

IMAG2432_R

堀ノ内駅の分岐

 

乗車したのは堀ノ内駅。

ここで京急本線と久里浜線が分岐します。

 

浦賀へ向かうほうが本線ですが、

現在では久里浜線が本線的な扱いとなっていて、

快特は全て久里浜方面へ向かいます。

 

なぜこのような路線になったのかというと、

当初は浦賀から南下して久里浜方面に

線路を延伸する計画だったのですが、

太平洋戦争が勃発、延伸が急務とされた時に

トンネル掘削に時間がかかることから、堀ノ内から

久里浜への新線を建設することになったためだそうです。

 

この浦賀への本線は未だ乗った事がなく、

今度は時間のあるときにゆっくり味わってみたいと思っています。

 

さて、ここから普通に帰ることを考えると、

都営浅草線直通快特の方が便利なのですが、

そこは敢えて鉄モードを起動。

青砥行き快特を見送り、10 分待って品川行きを狙います。

 

と、やってきた列車は 2100形「BLUE SKY TRAIN」でした!

IMAG2433_R

IMAG2434_R

車内は変わりない…

 

クロスシートでリクライニングはしませんが、

これが特別料金不要で乗れるのですから、

かなり美味しい列車です。

 

しかも、最高速度は 120km/h。

関東圏では早い部類に入ります。

このスピードで走るのは、JR との競合となる

横浜~品川間に限られますが、

狭い軒先を高速で駆け抜ける醍醐味は京急ならでは。

 

 

最近、蒲田付近の立体交差が完成し、

それが楽しめる区間が少し短くなってしまったのは

残念ではありますが。

 

横浜までも最高速度は少し控えめ(110km/h)ですが、

少しでも直線区間があれば、すかさずトップスピードへ

持っていくという、イケイケの運転方法も体感できました。

こんな所が鉄道ファンに愛される理由なのでしょうね。

 

かくして、堀ノ内から品川までは 50 分弱ですが、

とても楽しい鉄道旅となりました。

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ