「嫌われる勇気」を持てば幸せになれる?

普段、あまり本を読まないこの私。

そんな私がお送りする本日のエントリーは

ガラにもなく書籍の紹介です。

そのタイトルは…

 

 

私がこの書を手にしたきっかけは、

堀江貴文(ホリエモン)氏のメルマガの紹介。

 

彼の考え方にかなり近いとの事で、

興味を持ち読んでみることにしました。

 

哲人と青年の対話という形式で、

アドラー心理学の考え方が述べられて行きます。

 

実はこの本は少し前(2014 年 6 月)に入手していて、

今回は 2 度目の読了後にこのエントリーを書いています。

 

私が会社を辞めて今の身になろうと決めたことにも、

この本は大いに関わってくることになりました。

 

かくして私の人生においては、

大きな変革をもたらす一冊となったわけですが、

正直、一回読んだだけでは、

全ての内容を理解、実感することは到底不可能でしたので、

今後も事あるごとに読み返して行きたいと思っています。

 

そんな途上とも言える現状ではありますが、

自分の中での変化は少しずつですが実感しており、

漠然とですが「幸福感」は増しているなぁ。

という印象があります。

 

 

この書の中にもありますが、

「他者の課題」と「自分の課題」を

明確にすることができれば、

全ての事柄はシンプルになっていきます。

 

…などと、私が色々書いてみたところで、

人それぞれ受け取り方は異なるかと思いますので、

是非お手にとって見ることをオススメします。

 

今回は導入部分として、

私の心に響いたフレーズを以下に抜粋して

みたいと思います。

 

 

世界はどこまでもシンプルであり、

人は今日からでも幸せになれる。

 

トラウマは存在しない

 

大切なのはなにが与えられているかではなく、

与えられたものをどう使うかである

 

変わることで生まれる「不安」と、

変わらないことで生まれる「不満」。

 

孤独を感じるのにも、他者を必要とする

 

自由とは他者から嫌われること

 

人生とは連続する刹那である

 

真剣だけど、深刻ではない

 

これら以外にも示唆に富んだフレーズが盛りだくさんです。

あなたの人生が変わるヒントがきっとあるはず。

 

 

 

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ