「ローマ法王に米を食べさせた男」まず自分が動く!

今回は書評?をお届けします。

ドラマ「ナポレオンの村」

先日放送が終了したドラマ「ナポレオンの村」

最初は何気なく見始めたのですが、

すっかりハマってしまい最終回まで見逃せない番組に。

特にハマったのが「菰田だよ」だったりして(笑)

 

このドラマ途中で特番が入ったりしたおかげで、

ワンクール全 7 回という放送で若干物足りない感は残りましたが、

その内容は素晴らしいものでした。

「ナポレオンに米を食べさせた男」

で、このお話の原案となった高野誠鮮さんの

著書を読んでもっと中身を知りたいと思った次第。

 

高野さんはドラマ主人公である浅井さんの

モデルになった方で、石川県羽咋市にあって

限界集落とされていた神子原地区を

立て直すために奔走された(ている)方。

 

大胆なアイデアもさることながら、

その行動力には素晴らしい物があり、

とりあえず実行に移して、

あとは「走りながら考える」というもの。

求められる役人像

現在の役人の方でこういった動きができる人って

果たしてどれだけいるんでしょう。

 

こんなお役人さんがたくさんいれば、

日本はまだまだ発展できると思った次第であります。

とりあえずやってみる

自分にも何かできることがあれば、

とりあえずやってみようという気持ちにさせられました。

 

ということで、

まだ第一章を読み終えた所ですが、

見切り発車的にこのエントリーを

感情の赴くまま殴り書いております(笑)

 

最後に、全ての公務員の方にこの言葉を送ります。

「役人は役に立ってこその役人である」

 

したっけ。

コメントをどうぞ

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ