北海道新幹線と青函寝台列車

本日、JR 東日本とJR北海道連名で発表されました

(リンク先は PDF ファイルです)来春のダイヤ改正について。

 

上記を読み解くと、、

新幹線

  • 開業は 2016 年 3 月 26 日(土)
  • 当初の新幹線運行本数は 13 往復
    • 東京~新函館北斗 10往復
    • 仙台~新函館北斗  1 往復
    • 盛岡~新函館北斗  1 往復
    • 新青森~新函館北斗  1 往復
  • 使用車両は H5 系、E5 系

在来線

  • 特急「スーパー北斗」、「北斗」は 12 往復体制
    • 全て新函館北斗停車とし新幹線に合わせた利便性確保
  • 函館~新函館北斗間にアクセス列車「はこだてライナー」 16 往復設定
  • 特急「スーパー白鳥」、「白鳥」、「カシオペア」、急行「はまなす」運転取りやめ

 

となっています。

これを見て、個人的に…といいますか、

世の鉄分多めな方は新幹線開業の嬉しさより、

「カシオペア」、「はまなす」の運転取りやめの

悲しさの方を強く感じるのではないでしょうか。

 

先に廃止された「北斗星」やこれらの列車は、

長らく夜を通して青函トンネルをくぐり、

沢山の人々に「旅情」を感じさせてくれた

列車であるはず。

 

非常に思い入れのある列車であるのに、

リリースではほんの一文で片付けられてしまっているのも、

非常に寂しく、腹立たしささえ覚えます。

 

というわけで、めでたいはずのこのニュースを

素直に喜べない自分がいます。。。

 

が、決まってしまったものは仕方ありませんね。

最後のその日まで安全に運行されることを

願ってやみません。

 

そして、あわよくば、

それまでに乗車できれば・・・

などと思っていたりします。

 

ところで、夏季に臨時運転されていた、

函館本線(山線)回りの特急「ヌプリ」、「ワッカ」は、

定期で走ったりはしないのでしょうかね…?

 

したっけ。

クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ