昭和レトロに浸ってスタッフさんの対応に感動「玉川温泉」

本日は仕事の後、

少し頑張って遠出してみました。

目的地は「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」。

 

自宅からはクルマで

2 時間近くかかります。

ちょっとした旅気分ですね。

 

玉川温泉の魅力

なぜそこまでして行きたいか。

その魅力を挙げてみます。

 

泉質

まずは何と言ってもこれ。

pH10を超えるアルカリ性の

お湯でして浸かったとたんに

お肌がすべすべ。

 

美肌の湯とも言われ、

女性なら喜ぶこと間違い無し。

 

この湯がなかなか近場では

味わえないんですよね。

 

雰囲気

「昭和レトロな…」と

謳っている通り、入口から

こんな味のあるオブジェ?が

迎えてくれます。

ポストや電柱は当初はなかったはず。

 

館内も見事なまでに

昭和レトロ感満載で、

「昔の人」じゃなくても

ノスタルジーに浸れるから不思議です。

 

素敵なスタッフ?

建物わきではこんな方がお出迎え。

ヤギのヘルマ部長さん。

最初は後ろを向いてましたが、

「こっち向いてー」の

問いかけに答えてくれました。

 

お食事

こちらは食事もおまけではなく

かなり力を入れていることが

伺い知れます。

 

今日頂いたのは、

ときがわ御膳(1,580円)と

唐揚げ(単品:580円)です。

 

地元製麺所によるひもかわうどん、

五目ご飯、ご近所の話題店の豆腐を

使用した冷奴、無農薬・無化学肥料で

育てた野菜の天ぷらなどなど、

一品一品が本当に美味しいんです。

 

そして、唐揚げは

おふくろの味的でワタクシの定番。

やっぱり美味しいです。

 

さらに、今日は

別の視点から。

要望とそのレスポンス

こちらの施設。

休憩所が一階と二階にそれぞれ

設けられていまして、館内では

フリー Wi-Fi が使えるように

なっています。

 

が、今回利用した

二階休憩所ではいまいち電波が

弱いようなのです。

 

なので、ものは試しにと、

滞在中に Web サイトの

お問い合わせフォームから

二階における Wi-Fi 環境の

改善を主旨とした要望を

送ってみました。

 

これ時刻が 19:41。

 

で、帰宅後にメールを確認してみたら

23:13 に副支配人さんから

環境改善について対応して

くださる旨の回答が届いていました。

 

まさか今日中にレスポンスが

来るとは思っていなかったので

ちょっとびっくりです。

 

と同時に、

この施設のお客さんに対する

姿勢が垣間見えて

より高感度が上昇した

今日このごろなのであります。

 

幸い、本日はキャンペーン

実施中(2017年10月15日まで)

とのことで 200円割引券を

いただきましたので

近いうちにまた行こうと

思っております。

 

このキャンペーンではセットで

姉妹施設である「おふろcafe 白寿の湯」の

割引券ももらえます。

 

「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」の施設情報

住所:埼玉県比企郡ときがわ町大字玉川3700

※近くに八高線が走っていますが駅はちょっと遠いです…

営業時間:10:00(土日祝は 5:00)~22:00

定休日:なし

電話:0493-65-4977

※料金は曜日、時間帯によってまちまちですので、

公式サイトにてご確認ください。

 

したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ