スバル 新型レヴォーグに試乗しました!

先週に続き、近所のスバルディーラーへ。

その目的は、

いよいよ本日販売開始となった

新型レヴォーグの試乗!


奇しくも発売日と重なりましたが、

こちらのディーラーさんでは

先週末から試乗可能となっていたようです。


スポンサードリンク

グレードは

試乗車は最上級グレードの

STI Sport EX です。

ボディカラーはクリスタルブラックシリカ。

※アイサイトX搭載ですが、
 そのたぐいは今回ノーチェックです。。

CB18 実力チェック 2 回目

既に当ブログでお伝えしているとおり、

CB18 エンジン搭載車に乗るのは

フォレスター Sport に続きこれが 2 回目。


まずドライブセレクトは「Comfort」で

ディーラーを出発。


出足はなんとなくですが、

フォレスターに比べて

アクセル操作に対する動作が

素直な気がします。


またアクセルを踏み増していくと

パワーの立ち上がり方も

よりリニアな印象。


さらに踏み込んだ時も

NA 的にパワーが盛り上がる感じ。

大人っぽくていいですね。


で、ドライブモードを「Sport+」に

(時間・距離が少なかったので他のモードは

あまり試してません)。


アクセルの反応はより俊敏に、

ぐぐっと重みを増すステアリング、

明らかに引き締まった電子制御ダンパーに

よって、別のクルマのように

「スポーツ」な雰囲気が増長されます。


あくまで街なかを「おとなしく」乗った範囲で

ここまで違いを感じられます。

高速道路や山坂道、あるいは

サーキットに持ち出せば、その違いは

より大きく体感できるのではないかと

思われます。

感心の乗り心地

そしてもうひとつ。

乗り心地がかなりいいです。


まず「Confort」で段差を乗り越えると

その体感はとても小さく感じます。

路面のザラザラ感も上手く吸収している印象。


その一方で一昔前の高級車であった、

フワフワ感は皆無。

今どきでいうと某 T 社のクラウンとか

カムリに近い印象ですが、

むしろあちらよりも心地よいかも。

これぞ新世代

このレヴォーグから

国内としては初めてフルインナーフレーム構造を

採用していると聞きます。


その効果は先述の乗り味向上に

多大な貢献をしているものと思われます。


短い時間でしたが、このレヴォーグが

スバルのフラッグシップであることを

改めて感じた次第。


あくまでアウトバックが好きな

ワタシは複雑な心境ですが。。

おまけ

鳴り物入り機能?の

ハンズフリーオープンパワーリヤゲートを

試してみました。

うーん、いい感じ。

足で操作するタイプよりも

動作に確実感があります。


これ新型アウトバック

(米国で先行販売中)にも

採用されているんですよね……

現行に後付できないかなぁ。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ