スバル フォレスター年次改良情報(SK C型)

秋に入って立て続けに

新型・年次改良モデルを投入している

SUBARU ですが、

いよいよ世界で一番売れている

フォレスターも年次改良を受けます。


今回は直前情報として

ワタシが収集したものをまとめておきます。


スポンサードリンク

グレードに変化

グレードは以下の通り。

  • Turing
  • X-BREAK
  • Advance
  • Sport

Sport が追加されトップグレードに。

Premium が廃止となります。


となると、

今年 1 月に発表された

Premium ベースの特別仕様車

X-Edition がどうなるか気になるところ。

1.8L直噴ターボ搭載!

そして、Sport には

レヴォーグと同じ CB18 が

搭載されます。


他の 3 グレードは e-BOXER 搭載となり

フォレスターから 2.5LNA エンジンモデルが

なくなります。


e-BOXER が多数派となるのは

やはり CAFE 規制を睨んでの

ものなんでしょうか。。

ドライバーモニタリングシステム

これまで Advance のみに

標準装備だったドライバーモニタリングシステムが

全てのグレードで搭載可能(オプション or 標準)に

なります。

アイサイトは

最新の「アイサイトX」が!?

と期待されている方もいらっしゃると

思いますが、残念ながら

現行の「ツーリングアシスト」が

継続となるようです。

発表は

2020 年 10 月 22 日(木)の予定です。

が、ディーラーでは既に新型での

見積もり、予約なども可能のようです。


また現行(B 型)も若干ですが、

在庫があるようです。

その他詳細は

現状でワタシが把握しているのは

これくらいです。


あとは、発表後に

改めて記事を書きたいと思います。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ