常磐線の歴史と始発駅の変遷

先日の、

に感化されまして常磐線ネタを。

ワタシは茨城県笠間市出身。

実家近くを走る水戸線との関連などを

深堀りしてみます。


スポンサードリンク

水戸鉄道→海岸線→常磐線

まずはざっくりと稚拙な図解込で

歴史をふり返ってみます。



1889 年、水戸鉄道によって

水戸に最初に鉄道が到達。



開業区間は小山~水戸で

既に開通していた日本鉄道と

水戸をほぼ最短で結ぶルートで開業。

この内、小山~友部は現在の水戸線に

該当しますが、当時は友部駅は

ありませんでした。


1895 年、友部駅を設置、ここで分岐し、

東京へショートカットする「土浦線」が

土浦まで開通し、

翌 1896 年田端まで繋がります。

1898 年水戸以北(~岩沼)の磐城線が全通、

現在の常磐線の原型が完成します。


1901 年、田端~友部~水戸~岩沼は

海岸線と改称され水戸線は友部が終点に。

「水戸に繋がらない水戸線」となりました。

※その名残で現在でも朝夕を中心に
 水戸まで直通する水戸線の列車があります。


1906 年、国有化され、1909年、

海岸線は「常磐線」へと名称が変わりました。

常磐線の始発駅は

まず一般的な視点で言うと、

常磐線の始発は「上野」となります。

これはあくまで列車運転上の名称。


※現在は品川まで直通運転していますが、

上野~品川は愛称「上野東京ライン」です。


実際には常磐線の始発は日暮里で、

上野~日暮里は東北本線に属します。


で、先述の歴史の話に戻りますが、

常磐線の東京方のターミナルは

そもそも田端でした。


これは常磐線沿線で取れる石炭を

輸送する貨物列車が当時東海道線の

品川と接続計画があった山手線に

乗り入れるための配慮。

※当時、上野以南は線路が
 つながっていませんでした。


その当時、旅客列車は田端で

スイッチバック(方向転換)して

旅客ターミナル駅である上野に

向かっていました。


その後、1905 年には上野方面に

直通できるように日暮里に線路がつながり、

現在ではこちらがメインルートになりました。


先程の概略図に書き足すと、

こんな感じに。

日暮里~三河島間で線路が

急カーブを描いているのはこれが理由です。


なお、開業当時のルートだった

田端~三河島の線路は、

現在も貨物線として残っています。

歴史の裏側に

今回はほぼほぼ路線の歴史のみを

さらっとまとめました。


「鉄」な方はこれでも十分ですが、

それ以外の方はその裏に時代背景などに

視野を広げるとまた奥深いものに

なると思います。


したっけ。



クリックしてくれるとうれしいです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ